終夜灯ブライトブライト'

主に日記やライブレポ、たまにポエマーと化す

日記 8月16日

出社と退社と体調不良を繰り返していたらいつのまにかお盆がボンボヤージュしていた。7月まで毎日がお盆休みみたいな感じだったのに会社が始まったとたん出社退社出社退社出社退社の繰り返しでげんなりする。桃鉄の月初イベントみたいに、ランダムでイレギュラーなことが起こればいいのに。あと今日で復職半年記念なので、記念仙人が出てきて5000兆円ぐらいくれないかと期待している。

 

ただ私の周りはお盆休みを満喫してる人もいっぱいおり、日曜から昨日まで妹がうちの家に泊まりに来ていた。というか、うちの家を宿にして友達と遊んでいた。普段恋人と寝てるベッドに家族を寝かせるのが恥ずかしくてヨガマットで寝かせたら、夜中に寝言で「背中が…痛い…」と呟いていたので2泊目からはベッドを貸した。

自分の家に家族がいるのが不思議な感じがした。あと普段あまり家の中で喋らないので、よくしゃべる妹がいると家が賑やかだった。特に何もしなくても気心の知れた人と日常生活を送るというのは楽しいものですね。

 

妹の寝言で思い出したけど、最近お酒とか関係なく記憶がない時がとても多くて恐れおののいている。今日も朝5時に目が覚めてから6時半までの記憶がない。正確に言えば6時半になる時にはPUBGをやっていたのは覚えているのだけど、いつから始めたのか、その前に何してたのか、そもそも6時半から準備してたら会社に間に合わないのに何故その時間まで遊べると思っていたのか、全てが謎に包まれている。戦績を見たら1ゲームしかしてなかったのだけど、残りの1時間ちょいはどこに消えたのだろう。

以前寝ながらAmazonで全身タイツを買っていたことがあるので、明日あたり不審なダンボールが届かないか不安です。

 

そう言えば昨日2度目の個人ツイキャスをやりました。配信を始めた時のカットが録画された動画のサムネイルとして保存される事を知らず、なんかものすごいブサイクな面がワールドワイドに晒されてて死にたくなった。すぐに変えられるらしいけど、別にサムネイルが消せても私がカメラの向こうですごい顔をしていたという事実に変わりはないのでまあいいやと思って放置してる。

録画そのままを非公開にするという手もあるけど(そもそも演奏の出来もひどかった)、「恥ずかしかったり抵抗があったりして今までしなかったことに挑戦したい」という謎のチャレンジ精神をもってとりあえず公開しておく。ただし自分では絶対に見返さない。

また近いうちにやるのでタイミングが合えば見てね。

日記 8月10日

体力の限界が訪れて会社を休んでしまった。今週はとにかくしんどくて、水曜ぐらいから早退したりしつつもなんとか出社してたのだが、金曜日まで耐えられなかった。一応先週の土曜日は「なにもしない日」として予定をまったく入れないでいたのだが、実際はドラムを組み立てたり部屋の掃除の計画を立てたりギターを弾いたりと全然「なにもしない日」ではなかった。今日のほうが100倍なにもしてない。米を炊くぐらいしかしてない。(お腹は空くのだけど食べ物を買いにいく気力も何か作る気力もないので、昨日の夜から白米しか食べてない)

もともと私は割とボーッとするのが性に合わない多動タイプで、なにもしない日を作っても体力にすこしでも余裕があれば色々やってしまうみたいだということが判明した。自分の残り体力を見越して、エネルギー切れを起こしそうな日を予測してなにもしない日を予め設定できればいいのだが。そうしないと、今日みたいに突発的に会社を休んで迷惑をかけてしまうので。難しいことだな〜と思うけど、なにもしない日ってそういう事なんだなーと、またひとつ勉強した。

 

仕事のほうは、一言で言うとやることがない。新しい業務を担当するので、一通り説明を受けてから簡単な業務から…ということらしいのだが、業務説明のスケジュールがゆっくりすぎて、その間の空き時間にやる事がマジで無い。やる事がないまま8時間を持て余すのはなかなか苦痛なのだが、「会社で8時間ボーッとしていろ」ではなくて「しんどい時はいつでも休めるようスケジュールを埋めすぎないようにしておいたよ」という会社側の気遣いだとポジティブに受け止めることにした。(なので今日休んだ)

そんな1日の中でポツポツと、先輩から業務を教えてもらっている。自分の担当する業務についてももちろん説明は受けているが、それ以外の仕事を担当するおなじ課の先輩からも、その人が担当している業務について軽く説明をしてもらっている。課全体の仕事がひとつのプロジェクトなので、他の人が担当している部分もちゃんと知っていないとダメらしい。一通り説明を受けて軽く会話をして、とりあえず周りの先輩がいい人たちばかりだということが分かった。同じように休職したことのある先輩が私のことをすごく気にかけてくれていて、業務説明で話したときに「生きてれば後は何でも大丈夫だよ」と言ってくれた。その先輩は、身内を病気で亡くしていて、その看病のために仕事を休んでいたということは風の噂で知っていたので、なんだかすごく泣きそうになったけど、半年の休職を経て少し大人になったのでちゃんと我慢した。

 

あと、今回担当するプロジェクトが去年私が身を削って進めていたプロジェクトの延長線上にある感じなので、去年のプロジェクトの最終報告とかも説明してもらった。その中間報告の資料作成を私が担当していて、ひとりで休日出勤したりしても全くいい物ができず、資料を途中にしたまま体調をぶっ壊して休んでしまったので、最終的な結果を聞くのはめちゃくちゃ怖かった。けど、ちゃんとした形でプロジェクトを終わらせられたこと、その最終結果がいまのプロジェクトにもちゃんと反映されていること、そして全社的な方針にも私が声高に叫びまくっていた言葉が載っていて、これからはプロジェクトメンバーだけじゃなくて会社全員がその思想を持って仕事をするということが明言してあったこととかを先輩から聞いて、なんというか今まで感じたことのない気持ちになった。今までも大きな仕事をやり終えた後の達成感みたいなものはあったけど、それともまた違う気持ちで、やっぱり泣きそうになったけど大人なので我慢した。

言葉だけが一人歩きして、いろんな人に反対されたり曲解されたり、陰でプロジェクトを批判されたりもした。「若造がしゃしゃった結果仕事が大炎上してワロタwwwwwwwwwww」みたいな結果になったらと思うと怖くて、もう全部なかったことにしたいと思ったりもしていた(最後の方は毎日そう思っていた)。一緒に仕事をしてくれている先輩や、他部署からの批判を受ける上司に申し訳ない思いでいっぱいだった。なので先輩(休職前に一緒に仕事をしていた人)からその結果を聞いたときは本当に安心したし嬉しかったし、言い出しっぺがいきなり消えた中で矢面に立ってそのプロジェクトを続けてくれた上司や先輩に感謝の気持ちしかなかった。そんで、自分が半年経ってまた同様のプロジェクトに参加させてもらえて、(最初はめちゃくちゃ嫌だったけど)よかったなあと思った。本当に私の周りはいい人ばっかりで有難いことこの上ない。こんなに仕事すぐ休むのに。

日記 8月7日

ご飯を食べて洗濯を済ませて、そのあとはリビングにぶっ倒れて寝ていた。さいきん、毎日12時前に薬を飲んで寝ても5時ごろには起きてしまっていた。好きなこといっぱいできるからいいや〜!と思っていたが、裏で疲れがたまっていたのかもしれない。これはいかんと思って睡眠薬を飲んでベッドに入ったものの、なぜか今度は眠れない。寝るなら寝る、起きるなら起きるではっきりして欲しい、私の体よ。

 

元彼が気付いたら同じオフィスからいなくなっていた。まあ気付いたらなんて事はもちろんなく、休職中に会社から呼び出され「別件で彼が問題になっていて、これからの対応を検討するにあたって参考までに話を聞かせて欲しい」と聞かれたりしていたので、まあなんかあるかなとは思っていた。因みに別件がなんなのかも知らないし、なぜその別件から会社には言っていなかった私との関係に繋がったのかもわからない。何もわからないまま、何らかの処遇が下されて、私が復職する頃には何かが片付いていた。なんなんだ一体。

彼が私や他の誰かに危害を加えた、だからその対象から彼を離して一件落着、みたいな空気になっているのがどうにも腑に落ちない。腑に落ちないというかなんというか、悔しいという気持ちにも近い。私はあの1年間、マジで誇張なく死にそうになりながら彼のことを理解しようとしていたし、彼自身の抱える辛さを少しでも楽にできればと思っていた。

彼は自分に自信が無いあまり、やられる前にやるの精神で他人を攻撃する臆病な人間だった。しかも彼自身もそれに気付いているが認められないという微妙な状態だった。私自身も、自分の不安や自己否定感が時に他者への攻撃などの望まない形で現れてしまう事はあったので、そんな彼の辛さは人以上にわかった(たぶん)。通院を勧めたり、カウンセリングに同席してもらおうとしたり、素人判断だが彼に当てはまりそうなパーソナリティ障害や発達障害について調べたり、自分のできる限りの事をしてきたつもりだった。自分が怒られて責められて苦しい状況から抜け出したい気持ちも勿論あったが、彼の生きづらさが少しでも軽減したらいいと思う純粋な他者を思う気持ちもたしかに存在していた。だから今、彼を隔離するだけしてはい問題解決!みたいな顔をしている人たちに嫌悪に近い感情を抱いてしまうのだ。やり方はどうあれ、私に降りかかる可能性があった危険を排除してくれた人たちなのに。

 

最後に彼が私とまともに話した時、彼は自分に発達障害のケがあるということを話してくれた。私が勧めた病院の先生に紹介されて、カウンセリングを受けた際にそう言われたと。しかしその後の「入院という選択肢もあるみたいだけど、君はどう思う?」という問いに、私は何も返事をしなかった。自分の身の安全の確保とトラウマからの回復に必死だったし、その連絡にレスポンスをする事で無意味な期待を抱かせてしまうことも嫌だった。それからの彼が自分の問題とどう向き合ったのか、そもそも向き合ったのかどうかは何も知らない。でも今回のオフィス追放の発端が、私のこととは別件だという話を聞く限り、きっと私の望んだ方向には向かわなかったのだと思う。

あの時私が真摯に接していたら、もう少しだけ耐えられるほどの強さがあったら、こうならずに済んだのか?他人に危害を与えたり社会的な問題行動を起こさずにいれたのか?彼が自分の抱える生きづらさに苦しみ続けずにいられる未来があったのか?

事情を知る人に、大変だったね辛かったねもう大丈夫だから安心だねって言われるたび、そうなんです本当に苦しかったですという気持ちと、そうじゃないんです本当に苦しいのは私じゃないんですという気持ちに挟まれて爆発しそうになる。私やこのオフィスの人達はもう安心かもしれないけど、彼が新しく働く先の人達や彼自身にとっては何の解決にもなっていない。爆弾をバレーボールの如く他所にトスしただけだ。爆弾だったらまだいい。私たちが追いやったのは、自我や感情を持つ一人の人間だ。いくら間違ったことをしていても、価値観や認知が歪んでいても、だからと言ってその人が傷ついたままでいいわけないだろ。

 

自分を責めることと、もう顔も思い出せない彼の身を案じることぐらいしから今の自分にはできない。勿論自分がいちばん大事だし今の生活がすごく大切だから、それ以上の事をしたいとは思わないが。それでも、少しでも彼が苦しんだり怖がったりすることなく生きられていますように、そんなことくらいは願わせてほしいと思った。

ツイキャスをやってみました

 

何故自己啓発本を書く人がすぐにyoutubeとshowroomを勧めるのか。その理由はやってみないと分からないのではないか。

…と、思い立ったら即決即断即行動!!とうちのカレンダーの松岡修造が言っていたので、即修造の精神でツイキャスを始めた。どうでもいいけど即修造ってなんだよ。

f:id:tricolore330:20180805155140j:image

朝起きてシャワーを浴びてる時にふと思いついて、思いついたらすぐ行動せずにはいられなくて、化粧せず髪も乾かしたままの姿を全世界に晒してしまった。日曜の朝だしみんなプリキュア見てるだろと思ってたのだけどコメントをくれる人もいたりして嬉しいやら恥ずかしいやらでした。ありがとうございます。

こないだはコスプレしてセーラー服着てたと思ったら今回はスッピンって振れ幅が広すぎる。えーっと、これぐらい最初にやっとけば大抵のことは出来るかなという、最初に高いハードルを飛び越える行動な戦略です。ということにしておいてくれ。

今回はやりたい事とやりたいと思った背景をテロテロ説明してるだけなので別に見なくてもいいんですが、こういう事やるでよという意味で録画を残しているので暇な人はどうぞ。ちなみに動画の中でも言ってますが、youtubeやshowroomでやらなかったのは何となくあの辺のメディアにアレルギーがあるからです。showroomはダウンロードだけして配信一覧みたいなのを覗いて5秒で逃げてきた。

 

しかしほとんど適当なことを喋っている上に特に予定もしてなかった弾けない語りをやってるので恥ずかしい事この上ない。選曲がクリープハイプなのも謎だし(そのときパッと思いついた弾ける曲がそれしかなかった)、あとから見返したらBメロの歌詞がガバガバすぎて笑ってしまった。本当は「愛しいだけじゃ足りないし 嬉しいだけじゃ不安だし 優しいだけじゃ意味ないし」なのだけど、ほとんど「憎しみだけじゃ…」って歌おうとしている。憎しみが前面に出すぎ。

 

今後の予定とか特に決めてないんですけど、とりあえず家にある楽器の中で今の環境下で音入り配信できそうなのがピアノしかないので、多分つぎはピアノの弾けない語りをします。(嫌な理由)ああいう楽器の音入り配信をやろうとしたら何をどう用意すればいいのだろうか。あ、はい、ググります…がんばります…

 

日記 8月4日

ドラム組み立てた!!!!!!!!!!!

 

 

とりあえずなんとか叩ける環境は作れたので、これから触りながらセッティングをあれやこれやしていく。マイクも買ったし念願の全パートやれる環境作りがついに叶った、嬉しい。唯一悔やまれるとすればバンドマン付きの恵まれた環境なのに、全部自分ひとりで練習する用なのでヘッドホンで一人しか聴けないこと。なんか最近telecasting fake showを練習し(ようと思っ)ているので、それが出来たらミキサーを買ってギターとベースで合わせようと目論み中。君の自由にもう飽きてー!ドラムはほっっっっっっとんど触れない(1回友達とスタジオ入ったときにDon’t say “Lazy”を叩いたが散々だった)ので、まず基礎練から始めていこうと思う。…と思ってメトロノームに合わせてスネア部分叩いてたのだけど、スネアばっかり叩いたら先にメッシュに限界が来たりするのかな…と怖くなってきて、後半はなぜかゴムのハイハット部分を叩いていた。まず基礎練なら練習用のゴムパッド1枚でええやんって?その通りでございます。(形から入るタイプ)

 

話は変わるが、最近自分の中でペーパーレス化が急速に進んでいる。というのも私がオタク幼児としてダラダラ生きていた間にも社会は目まぐるしく動いており、半年ぶりに出社をかましたら会社がペーパーレス化していたのだ。今まで書類の山や書籍を大量にぶっこんでいたデスクワゴン(キャパで言うと小学生の勉強机ぐらい)は撤去され、代わりにノートPCと小さいロッカー(キャパで言うと小学校の教室の後ろにあったランドセル入れぐらい)だけが与えられて震えた。メモしたり下線引いたりして物を覚えるタイプの私に訪れた突然の危機。…ということで、少しでも早く順応しこの先生きのこるために、A5サイズのシステム手帳を捨てて必要な事はデジタルでメモすることにしたのだ。

会社PCと私物の端末はセキュリティの関係上データのやり取りができないので、会社ではOnenoteを使っている。主に資料(これも紙からPowerPointに変わっていた。資料作るたび色彩センスを疑われるので私は嫌いです)に補足をするのに使うので、自分の端末以外にデータを持ち出せなくても問題はない。しかしOnenote、初めて使ってみたけどなかなか慣れない。思いついた時に思いついたことをその場にメモしてしまうので、デジタル化すると逆に検索性が落ちてしまうということに気づいた。(手帳だと、大体ここらへん…てパラパラめくってたらいつか見つかるから)これ、ちゃんと使えるようにならないとせっかくのメモがゴミクズと化すぞ。

 

というわけでこういうタイプのメモアプリに慣れるべく、私生活においてもiPhoneiPadによるデジタル化を推進することにした。カレンダーはTimeTree(プライベートの予定用)とGoogleカレンダー(仕事用)を使っている。Time TreeでGoogleカレンダーの予定も見られるのでいちおう一元管理はできている。

メモは、Onenote形式に慣れるために「Metamoji note」という似たような感じのアプリを使いはじめた。好きなところに文字や手書きメモを打てるタイプのやつ。

f:id:tricolore330:20180804153320p:image

私のダサすぎる朝のルーチンと共に操作画面を晒してみる。今のところ(仕事に比べてメモする量が少ないのもあるが)快適かつわかりやすく使えている。この差は一体…?

と考えたところ、手書きペンの有無だということに気付いた。マウスで矢印書いたりするの死ぬほど面倒くさいし、文字なんか書く気にならない。とは言え文字を打つのがアホらしいようなメモも確かにある。何より、手書きだと字と図をいっぺんに書けるのが楽すぎる。

会社でも手書きペン使いたいなー。会社のパソコンにペンタブ勝手に繋いだら怒られるかなー。

とりあえず、しばらくこの生活を続けてみようと思います。きのこる先生、見守っていてください…!

日記 8月3日

復職して最初の一週間が終わった〜。休職した時に私のことを馬鹿にしてきた奴が復職してきた私のことを見てまた笑っていたらしいという話が人づてに伝わってきた。第三者の善意なのか話のネタ程度にしか思っていないのか知らないけれど、そういう話を聞かされるのはあまり良い気分ではないなと思った。馬鹿にされようが笑われようが私は私として生きるしかないので、存在していることが恥ずかしいと思ってしまうようなことはあまり耳に入れたくないし、できれば入れないでほしい。

ネタに事欠いて他人の事を馬鹿にするやつのことは「コミュニケーションの空白に耐えられないタイプの厄介なコミュ障」と認識するし、率先して人の悪口を言いはじめるやつのことは「知識教養や思考力が足りず話題が人の悪口しかないコミュ障」だと認識するからな。自分が指をさして笑う対象にレッテルを貼られて見下されていてくれ。

 

と、しばらく相手と自分への怒りで退っ引きならなかったんですが、課長とか先輩と喋ってたらいつのまにか忘れていた。

これ書いてる今、「自分の感情の火を自分で消すこと」や、「一度芽生えた負の感情を再燃させないこと」の二つができるようになっていることに気づいてちょっとほくそ笑んでいる。たくましくなったで賞!

 

ほかにも、昨夜悲しい事があったけど朝起きたらまあいいや〜!って気持ちになっていたという事があった。詳細はもうどうでもいいので書きませんがたくましくなったで賞〜!!(ダブル受賞)

USBアダプターのピアスを付けて行ったら課長と先輩が笑ってくれたので今日はいい日〜!

 

明日はかねてから「なにもしない」という予定をカレンダーに入れていたので好きな事以外絶対になにもしない。連絡がつきにくくなったらすいません。全力でなにもしないをしているのだと思ってください。かわりに日曜日はやるべきことをやる日にするつもりなので、土曜日にもらった連絡はぜんぶ日曜に3倍返しする。

日記 8月2日

復職2日目。久々に会う人みんな「髪!!!」って言ってくる。思惑通り。

 

昨日上司に「初日だと思えないぐらい冴えてる」と言われて完全に輿水幸子になってしまい、「フフーン!これぐらいボクには当然ですよ!まだまだ余裕です!」って勢いで資料を読み込んだ結果、来週半ばまでかかる予定だった上司からの業務説明がもう終わってしまった。褒められるとすぐ調子に乗る〜!

意外とスムーズに職場に戻れて本当に良かったです。もっと8時間労働しんどい…死…ってなるかと思いきや、長時間資料読んでてもそこまで集中力は途切れないし、わりと楽しい。

ここ2年ぐらい精神状態が非常に悪く、仕事をしてても常になにか不安が心の隅を付きまとっていた。自分に価値を見出せなくて、せめて仕事では結果を出して必要だとされたいと思って、心身ボロボロにしながら仕事にしがみ付いていた。それがさらに自分の首を絞めて、自分ではどうにもできない難易度の仕事にぶち当たった途端、ああもう私の価値は完全になくなってしまったんだと心がぽっきり折れてしまった。

だから今、変なプレッシャーを抱えず仕事が出来ていることも、不安や焦りから来る胸の痛みに悩まされることもなく会社での時間を過ごせていることも、ほんとうに嬉しいしありがたい事だと思う。前にもブログで同じ表現を使ったけれど、常に毒状態だった人間が初めて通常ステータスに戻ったみたいな感覚がする。めっちゃハッピー!(普通)

これから仕事も本格化して、資料読むだけじゃ誰も褒めてくれなくなるのだろうけど(なんなら資料作っては怒られる日々が始まるのだろうけど)、それでもきっと大丈夫な気がする。たぶん。

 

それはそれとして昼過ぎの眠気はやっぱりすごいので、眠気覚ましに昼下がりのドン勝を導入しようか悩んでいる。PUBGやると神経がめっちゃ研ぎ澄まされるから眼が覚めるんですよ。