終夜灯ブライトブライト'

主に日記やライブレポ、たまにポエマーと化す

感情を認識してから

私の中で燻っていた感情は、意外にも「怒り」という呼び方をするのが相応しいような気がした。しかし怒りとは?そんな感情が生まれる心当たりが全くない。今まで私を度々イラつかせたり惨めな気持ちにさせてきた人は、休職状態の今は私との接点すらない。日常生活の中で怒りを感じる出来事も思い浮かばないし、過去に受けた他者からの仕打ち(特に、私のパーソナリティー形成や現在の鬱状態に何らかの影響を及ぼしたであろう辛い出来事)も、思い出して胸が苦しくなったりはするが怒りがこみ上げるような種類のものではない。そこまで考えて、1つの疑問が過ぎった。

「何も怒りを感じる心当たりがないのは、怒りの感情を今まで殺してきたからではないのか?」自分に自分で問いかけて、はっとした。怒りを抑圧している自覚こそなかったが、私の中にあった「こうあるべき人間像」は、確かに感情的に怒ることなどしなかった。自分にとって好ましくない事が起きた時は、常に自分と相手両方の言い分を勘案したうえで、それでも自分が正しいと確信した時だけ、相手を傷つけないような言い方で注意を促す、そんな人間を理想形としてイメージしていた。だから今までの人生の中で湧き上がった怒りは、まるで込み上がってきた吐き気を落ち着かせるかのように、胸の奥に押し込まれ続けてきた。

ただ、他人から見た私は決して温厚な人間ではないと思う。他者を無闇に糾弾したり攻撃するようなことはしないし、常に感情的でいるわけでもないが、時折感情がコントロールできなくなり他人に泣きついたり八つ当たりしたりということは、しないわけではない。いくら見ないフリをして心の奥(感覚的には、感情のゴミ箱のようなものに近い)に押し込んでもその感情は確かに存在しており、ぎゅうぎゅうに感情が詰め込まれたゴミ箱が爆発する時、小さな怒りや負の感情は全部まとめられて、1つの「怒り」や「悲しみ」や「不安」という圧倒的なネガティブ感情として発露してしまうのだ。

その姿は温厚で理性的な人間とは対極にあると言っても過言ではない。もちろん、それを温厚な人間を目指す私が許せるわけがなかった。強い負の感情を自分の中に見つけるたび、どんどん自分の事が嫌いになった。

 

そんな私が、いまこの瞬間に、吐きそうになって泣くほど苦しんでいる「怒り」の感情。それは、今まで怒る事ができなかったあの日の誰かに向けた怒りかもしれない。あるいは、これまでそういった感情を無視し続けていたこと、「こうあるべき」の枠から外れた私を自らぞんざいに扱った私自身への怒りなのかもしれない。

 身体感覚から感情を読み解くというのはこういう事なのだろうか。フォーカシングや認知療法で馴染みはあるが、やり方として合っているかは自信がない。ただ上記の事がわかった瞬間、わけもわからないまま大泣きできたので、私の頭の中の言葉で表現できない部分が何かいいことをしてくれたんじゃないか、と、高鳴る胸を感じながら密かに思っている。

 

これからはもっと自由に怒れる人になれたらいいなあと思う。普通に考えてこれが正しいでしょ?なんて枕詞を捨てて、シンプルな言葉とシンプルな気持ちで人と話ができれば、たとえ怒りの感情が湧き上がってもなんとかなるのではないだろうか。

しかしひとまずは、物心ついた頃から怒りを必死で我慢し、決壊した感情で自他を傷つけて、それでまた自分を嫌いになっていた自分をすこし労ってあげようと思う。

 

 

感情を認識するまで

初めに知覚できるものとして現れたのは、吐き気だった。嘔吐をするときのように大きく息を吸い込み胸に力を入れると、吐瀉物の代わりに激しい空咳だけが口から出た。

それがなんの感情なのかは分からなかった。しかし吐き気と空咳だけが止まらず、「こんな苦しいものを無意識のうちに抱えているのか」という考えが頭をよぎった瞬間、ひとりでに涙が溢れ始めた。大きな咳をして、涙を流して、その涙が一通り出尽くしたと思ったら、また胸のあたりに吐き気が込み上げてきて。そんなことを十分程繰り返していると、この一連の感覚が何かに似ていることに気付いた。身体感覚に関する記憶というあやふやな物を思い出すのには骨が折れるかと思われたが、頭を働かせるよりも早く直感的に「怒り」という言葉が浮かんだ。その言葉が自分の中に積もり積もったものとして正しいか考える間もなく、気付けば堰き止められていたものが決壊するように嗚咽が溢れていた。

復職に踏み切れない

最近、睡眠薬を飲んでも眠れない日が増えた。

とは言っても前より病状が悪化しているというわけではなく、薬を変えたことが原因だ。少し前は眠れない時間が本当に苦痛だったのでかなり強めの薬で無理やりにでも眠っていたのだけど、副作用の目眩が辛すぎる上にそもそも飲んでいたのが睡眠薬ではなくセクロエルという抗精神病薬(もともとは統合失調症の治療に使われるものだが鬱や気分変調症にも効くらしい)だったので、あまり毎日睡眠薬として飲むもんじゃないなと思いその薬の処方を止めてもらったのだ。眠れなくなった時間は、割り切って絵を描いたりこうやって考え事をする時間にしており、眠くなったら寝ている。

生活リズム的には推奨されないのだろうけど、少なくとも私の精神衛生的には悪い習慣じゃないと思われるので、しばらくはそんな感じで過ごしていこうかなーと。懸念点があるとすれば絵とかを描いてても入眠直前は半分ウトウトしながら作業してるせいで朝起きて夜中の作品を見たら割とクソだったりすることです。ひどい時は昨晩の自分が絵を描いてたことすら忘れてたりする。

 

そんな、はたから見れば自堕落とも言えそうな暮らしをしている一方で、先日会社の保健師産業医と復職準備についての面談をしてきた。

復職していきなり仕事だと生活の変化が激しすぎてまた体を崩してしまう可能性が高いから、まずは業務時間に相当する時間は活動的なこと(読書とか)をして体を慣らしていく期間を2週間ほど設けるんだそうで。加えてその期間中に、今回の休職を経て知った自分の特性を踏まえ、今後の再発防止策を自分で考えるという宿題も貰った。

しかし数ヶ月の内面の葛藤やら服薬治療やら悠々自適のニートライフやらを経たこのタイミングで言うかって感じだが、マジで復職できる自信がない。そんなわけで、自分の頭を整理するためにいま考えていることを書いてみようと思う。

 

◆懸念点1 社会復帰プログラムへの抵抗感

これ個人的にはあんまり要らないんちゃうんかと思うんですよね。会社で時短勤務するとかならまだしも、早寝早起きして定時の間は机で大人しくしている…ぐらいなら別にいきなりでも出来るというか、「出社しろ」ぐらいの強制力がないと早寝早起きなんか出来る気がしないので、難易度的には「社会復帰プログラム>>>>>復職」と言う感覚。

自分的には復職よりもハードルが高いことを求められている上に、それが復職の絶対条件として出来ているかをチェックされるので、必要以上に「ちゃんとしなきゃ、なんで私はちゃんと生活できないんだ」というプレッシャーや自己嫌悪が生まれている気がする。社会復帰プログラムが始まる前は割と活動的だったのに、プログラムが始まってから3日ぐらいは不安と自己嫌悪でベッドから出られなくなった。

生活記録を紙で提出するだけなんだから別にでっちあげれば良くね?とも思うが、それをでっち上げる事が少なくとも自分にとって良いことだと思えるまでの自信もなく、「超頑張って理想の生活リズムを実現するのは難しい」と「表向きだけでも正しい生活リズムを装うのは罪悪感がある」という2つの思考の間で葛藤しており、結局生活記録の紙は自分の中で無かったことになっている。

2つの思考のうち実現可能なのは後者だと思うが、自信を持って自分のために自分を偽れるだけの強さを手に入れるまでもまだ少しだけ時間がかかりそうで、結局しばらくは問題から目をそらして平穏に生きることしかできないようだ。好ましくないのは承知だけど、今の自分にとってはそれが最適解であり仕方ないことなのだろうと思うようにしている。

 

◆懸念点2 復職後も自分らしくいられるかという不安

これが割と今の悩みの中でも大きい。今、細々とした悩みやトラブルはあるものの「人生が楽しいな〜」と思える瞬間が確かにあって、それは自分がやりたい事をちゃんと自分で把握したうえで、それを実行できているからだと思う。同じことをしていたとしても、自分が本当に何がしたいのかわからないまま行う活動は、楽しさよりも焦りや不安のほうが勝ってしまうのだ。だから今は、やりたい事ができる時間があることもだが、それ以上に「やりたい事が自分でわかる状態」までメンタルを回復に持っていくことができたことに感謝している。

だから復職後は、自分らしく生きていけるかが分からず怖いのだ。やりたい事をやる時間がなくなるからではなく、また「やりたい事がわからない自分」に戻ってしまうのではないかと思うから。

私がやりたい事がわからない人間だった時期は思い返してみると本当に長く、基本的に人生の重大な決断はすべて周りの大人が期待する答えを出してきた。中学受験しかり、大学受験しかり、就職しかり。

他人の顔色を窺う癖はあらゆる場面で発動し、本来なら自分のやりたいことを選ぶべき趣味や友人関係の場でも、人の期待を裏切ってはならない、人にがっかりされてはならないという思いを根底において行動や価値判断を行ってきた。音楽は好きだったが、前も書いたように自分の好きなように音楽を聴く事ができず、「この曲を聴いてこういう感想を持たなければならない」という思考が常にあった。

四六時中他人の目を気にし続けた私には、人の顔色を窺う機能が標準装備されてしまったようで。その機能をオフにして、自分のゆりたいことを大切にすることは、最近になってやっと出来始めたものの意識していないとまだまだ難しい。

いまの私には、本当にやりたい事がある。浅く広くいろんな楽器を弾けるようになって、いろんな人と音楽をやりたい。今まで疎かにしていた家事をちゃんと習慣にして、自分と大事な人が快適に暮らせる環境を保ちたい。誰かを笑顔にする仕事に就くために、心理学や福祉の勉強をしたい。必要であれば大学に入り直したい。

そういった私の本当にやりたいことが、会社に戻ると途端に消えてしまうのではないかというのが本当に心配なのだ。今まで他人からの期待や要求を押しのけて自分の主張を通すことをあまりしてこなかったので、気が付かないうちに目の前の仕事を大事にして自分のやりたい事を疎かにしてしまわないか。仕事を始めたらまた新しくやりたいことが出来たり変わったりするかもしれないけど、その変化は「他人によって変えられた」ものではなく「自分の意志で考えを変えた」でなければいけない。懸念点1の後半とも被るが、今の自分には、そのレベルまで自分を強く持てる自信がマジでないのだ。風が吹けば意志が折れる。

 

◆なんでこんなに自信が持てないのか

最近気づいたんですが、自分の困ったところは、他人の望むような行動をするだけじゃなく、他人の望むような人格になりきってしまうこと。自分があまりにもなさすぎて、思想や価値観すら他人の介入で簡単に変わってしまうことがよくある。

例えば仕事なんかは最も分かりやすくて、4年間働いてた部署の「多少私生活を犠牲にしてでも求められる成果を出すことが社会人としての責任であり存在意義だ」みたいな価値観に完全に染まっており、自分が残業して仕事をやるだけに飽き足らず、周りのメンバーに「これでいいのか」的な意識高い系問題提起をしばしば起こしたり、大きな企画を自分でぶち上げたりしていた。今思うと完全にcrazy社畜styleだし周りの先輩にも「早く帰らせろよ…」と思われていたと思う。メンゴ。

あとはモラハラおじさんの件も、当時の日記読み返したら「喧嘩やトラブルも多いけど知れば知るほど好きになる」「結婚して家族になればお互い安定するだろうからはやく結婚したい」とか書いてて、こいつは頭おかしいんじゃないかとマジで思ったんですけど。あらゆる逃げ場を奪われて、もう現状をポジティブに受け入れておじさんの望み通りの自分になるしかないと思ってたらしい。今思い返してもあの状況でそんな日記書くの頭おかしすぎてマジで震えるわ。

 

そんな感じで、復職後も自分らしく生きていく為にはまだもう少し強さが足りないんじゃないかなーと思い、復職に踏み切れずにいる次第です。私の前の仕事をぜんぜん知らない他部署ならまだ少しはやりやすいのかもしれないけど、その交渉も今の所難航しており、その先行き見えない感じがまたメンタルの不調に繋がっている感じです。ぐぬぬ

というか「異動の話の進みが悪い」とかでベッドから出られなくなる人間、まだ復職可能な状態じゃないのでは…?(今気づいた)

 

休職期間が半年を超えるといよいよもってやべえ気がするので、最近特に早く復職したくて焦ってたんですが、社会復帰プログラムが始まってからのここ数日の自分の様子を見るに、あんまりはやく復職するのも良くないっぽいので、もうしばらくニートしてます。すみませんへへ…

とは言っても好きなことをしてる限りは概ね元気なので、自分のできる範囲で勉強とかの自分を律する行為も始めていかねばなーとは思います。とりあえず最近は読書を沢山している。

感情表現

肌の色や瞳の色が違うように人の心の色も同じものなんてなくて、それを共通の言葉で表現することには限界があるので、多分人は絵を描いたり歌をうたったりするのだろうな。表現したいことは沢山あるけどそれを自分の思う通り形にする技術を持っていなくて毎日もどかしさだけが積み重なっていく。この気持ちを言葉で表現するとしたらどうだろう。びっこをひいて歩く老犬、地下鉄駅の物乞い、ターミナルケア、、、

感情が通り過ぎる一瞬の間にそれを捉えて言葉にするのは難しいけどゲームのようで楽しくもある。これがちゃんとできるようになったらまた新しい自分が見つかるだろうか。

ひとみる、ひとみ

他人の表情を見ることが、得意でもあり苦手でもあることに気付いた。表皮の示す歪みや皺から悪意や下心を察知することはもはや癖と言っていいほどなのに、その一つ奥の層に踏み込もうとすると途端にわけがわからなくなる。なんの意味もないと知っているのに、言葉なんて不確かなものに縋ってしまうほどに、わたしにとってひとの瞳の奥のやわらかな気持ちというものは理解しがたい存在なのだ。もっと正確に言おうとすれば、理解することを全身が拒否している。それを理解しようと感受性のゲインを上げる行為は、記憶の中におぼろげに残るあの日の表情さえも拾い上げて耳障りなノイズに変える。唇を震わせて泣きそうな顔で笑ったその瞳の奥を覗けば、自分まで深い穴に落ちてしまいそうで、ただただ怖かった。

意図を知りたくないと思わされ続けていた不幸を呪えば良いのか、意図を知りたいと心から思うようになれた幸運を祝えば良いのか。そんな問いかけが暗い空洞の中に音を立てて落ちてくるのを、涙目で見ることしか今の私にはできない。

元気です(ただし膀胱を除く)

気付けば3月も終わりに掛かっていますね。こんにちはハヅキです。みなさまいかがお過ごしでしょうか。

私は傷病手当金がまだ受け取れない中、働いてない2月分の社会保険料やらなんやらの請求が会社から来て泡を吹いています。休職してる間は保険とかそういうお金は待ってクレメンス…と思ったけど、只でさえ自立支援医療とか傷病手当金とかで国のお金を使ってるのにそれ言ったらぶち殺されるな。色々めんどくさいから差し引きして支給してほしい。

 

先日「だいぶ良くなったけどまだどうなるかわからない」と書いてから1週間ちょい経ちました。

あの日記を書いたときは調子が良くなって嬉しいの半分、次に調子を崩した時が怖いという気持ちが半分のアンビバい感じだったので、それから10日ほど経った現状報告をしようと思いスマホを開きました。(ここからまたいつものクソみてえな長文が始まるので読むのめんどい人は見出しだけ見て帰ってください)

 

【現状】安定した自分を確保しつつあります

マジかよ。今まで「安定した自分」とか、「自己肯定感」とか、「ありのままの自分を認めて受け入れる」とか、いろんな人に言われすぎて逆に拒否反応が出るわいという感じだったのに。

具体的な気持ちで言えば、「これをやらないといけない」みたいな焦燥感や「私は生きてていいんだろうか」みたいな不安に襲われて苦しくなることが無くなりつつあります。テレビを観てたり、ゲームをしてたり、特に目的もなく携帯を触ったりとか、そういうダラダラとした時間を過ごしていても罪悪感を抱かなくなりました。すごい!(自分で言う)

そして不思議な事に、「まあ別に…音楽も絵もやりたい時にやればいいかな…」という気になってからの方が、音楽や絵に関する活動も捗っています。不安とか焦燥感とか、そういう不快な感情を抱くことは(たとえやらなきゃいけないという義務感であっても)、人から何かをするエネルギーを奪うのだな…と痛感しました。まあ1番活発にやっているのは絵を描くことでもピアノを弾くことでもなくデレステなんですけどね!

下の見出しでは、その安定を手に入れるために自分が積極的にやったことや、思いもよらず体験したことの中で今の自分の状態に寄与しているものについて書いています。

 

【おそらく効いたこと】①近しい人に洗いざらい話す

わりと劇的な体験。一緒に暮らしている恋人に、自分の価値観や思っていることや、さらにはそれを形成した生育歴まで隠さず偽らず話してから、ビビるぐらい気が軽くなりました。

今まで付き合ってきた人に対しては嘘をついてきたのかというとそういう訳ではなく、無意識のうちに「ここからは話してはいけない」みたいなボーダーラインを自分で引いていたのだと思います。それが相手にとって許せるか否かに関わらず、どちらかというと自分が「口に出して認めてしまうのが怖い」と思っており、言語化できていなかった部分があったのだろうなと。今までも何度かそういうガチモードの話し合いの時間があったにも関わらず、自分自身が大きく変わったと思えたのは今回が初めてだったので。あと普段言葉にしてない部分を話そうとしたせいか死ぬほど時間かかった。

なんで今までできなかったことが今ではできるようになったのかと聞かれると…多分、カウンセリングを通じて「マジで素っ裸になって洗いざらい喋ることによるメンタル面の効果」を肌で感じられたからだと思います。下手したら振られるかもしれないと思っても全部話せたのは、それによって少なからず良いものが得られるという確信があったからこそできたのでしょう、、多分、、

 

あと、話がどう転ぶか未知数の中喋り始めたんですが、最終的に受け入れてもらえたのもとても運が良かったしありがたいです。ありがとうございます…

 

【おそらく効いたこと】②読書

読書というか、水島広子さんの著書がとても役に立ちました。対人関係療法の有名な人(だと思われる)。

 

 

誰と会っても疲れない「気づかい」のコツ

誰と会っても疲れない「気づかい」のコツ

 

 

自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法

自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法

 

 

水島広子さんの本は1年以上前にも読んだことがあったのですが、当時読んだのが下のような対人関係療法そのものについての本だったので、それを素人が実践するには今回読んだ2冊のような噛み砕いた説明のほうが良い感じでした。

 

自分でできる対人関係療法

自分でできる対人関係療法

 

 

ちなみにこの本は元彼との関係をなんとかするために旅行前日に買って、その旅行先でブチ切れて横浜で捨てた。(相当荒んでた)

 

今回読んだ本は「気づかい」と「自己肯定感」という、単語だけで見たら対極にあるようにも見えるテーマの2冊でした。しかしながら中を読んでみると、水島さんが一貫して主張しているのはどちらも同じ「自分の領域と他人の領域を区別し、自己も他者も評価せずそのまま受け入れる」ということでした。

たぶん私のハイパーざっくり説明を聞くだけだと「何ありきたりな事言ってんだよそれが出来ないから苦労してんじゃねえかハゲ」って気持ちになると思いますが、そういう自分と他人の線引きをしっかりすることが、「気づかい」という対人コミュニケーションに当てはめるとどうなるのか、「自己肯定感」という自分との対峙に当てはめるとどういうことなのか、というアプローチで書かれてます。論理的かつ具体的なので、今までそういう言葉にアレルギーを持っていた人にも受け入れられやすいし、比較的活用しやすいのではと思います。

前項で書いた「洗いざらい話す」という体験の前にこの本に出会えてたことも、今こんだけ良い状態でいられてる一要因かもしれません。この本がなければ、自分のことを話す段階で相手の領域を侵害するような話し方をしていたかもしれないし、相手の言葉をちゃんと聞くこともできなかったかもしれないし、聞いていてもそれを受け入れられなかったかもしれないです。合う合わないは人それぞれかと思いますが、私みたいなロジカルメンヘラ(論理的思考で問題を解決しようといろいろ考えるも結局その思考で自分の首を絞めるタイプのメンヘラ)にはお勧めしたいです。

 

【思いがけない気づき】1回元気になると割と好循環が回せる

マジでこれを声を大にして言いたい。1回人に受け入れてもらえるという成功体験をしただけでそんなに人間変わるもんじゃねえよ…と思ってたんですが、その1回の体験が起爆装置になって、体の調子が少し上向きになったりすると、そこからは結構トントン拍子です。

多少しんどいイベントがあっても(膀胱炎になったりとか、膀胱炎のせいで楽しみにしてた友達との予定をキャンセルせざるを得なくなったりとか、膀胱の痛みに耐えるために課金してプラチナガシャ10連引いてもダブりSRしか出なかったりとか)、不思議と受けるダメージを極小に抑えられるし、未来の不確定要素について考える時にも、起こってない事に不安になって自分で自分を疲れさせちゃうというパターンを防げることに気付けました。

私の抱えていた不安は状態異常みたいなもので、それを抱えているだけでみるみるHPが減ってたのだなーと、不安から抜け出して初めて思えました。常に毒状態だったからしょっちゅうHP切らして倒れてたし、人よりも休む時間が必要だったのかー!と。そりゃ疲れるわーと。

 

多分キッカケも辿る道も人それぞれだと思うんですが、同じような漠然とした不安を抱えている人がいたら、それ毒状態みたいなもんだからごまかしてHP削りながら進むよりも1回教会寄った方がいいよと伝えたいです。ちょっと時間と勇気は要るかもしれませんが。

 

 

【おそらく効いたこと】③バーフバリ

大事なもの載せるの忘れてました。前評判に違わぬヤバさでした。

インド映画に1ミリも興味がなかったので、友人がみんな口を揃えて「バーフバリ!バーフバリ!」と叫んでてもなかなか観るに至らなかったのですが、膀胱炎の痛みに耐えるために試しに観てみたら痛みをごまかすどころか忘れることができた。なんかへんな脳内物質が出ていた。

苦しいけれど自分から踏み出すのが怖い人はとりあえずバーフバリを観ましょう。多分ちょっとだけ元気になります。

 

I

言葉では伝えられないけれど 言葉以外の手段で伝えられるものがあるように、

言葉以外の手段では伝えられないけれど 言葉にすることで初めて伝えられることがあることを知っている

 

だからあなたは、「言葉なんていらない」と言い放ったあの場所で、

息を切らしながら、不格好な切れ切れの言葉を紡ぐのでしょうか。

 

一つでも、一人でも救えるように

そしてあなた自身も、一つでも救われるように