終夜灯ブライトブライト'

書きたいことを書きたいときに書く練習 アメブロから引っ越し

トゥイー・ボックスの人形劇場

2泊3日の年末年始帰省からの帰路でブログを書いている。

というのも、今回の帰省、近年稀に見る楽しさだったのですよ。

 

とは言っても特に誰か珍しい人と会えたわけでもなく、それどころか家族としか一緒にいなかったのですが。

いつも怖い怖いと思って極力避けており、終わった後もどっと落ち込んだり疲れちゃう「帰省」というイベントがこんなに楽しかったのは初めてだったので、幸せな驚きを感じると共に何で今回はこんなに楽しく過ごせたのかを考えて書き残しておきたくて、スマホを取った(?)次第です。

(書き方が若干ブロガーリスペクトっぽくて鼻につくかもですが、頭の整理とはてな記法の練習にお付き合いください)

 

私と帰省恐怖症

高校卒業後に実家を出て、大学時代は居候先だった祖父母の家から、社会人になってからは一人暮らしのマンションから、最低でも1年に2回は帰省してました。

ただそれが毎回毎回憂鬱すぎて本当に苦手だったし怖かった。

主な理由は

 

  • 実家の状況がどう変化しているかわからない

実家のドアを開けたら自殺未遂した家族が床に横たわっていたりとか、パニック障害の発作で過呼吸を起こした家族の介抱で帰省の大半を費やしたりとか、そういう数年前の記憶が拭えない(今は小康状態にあってそういう心配はないのだけど、それを思い出すとどうしても怖くなってしまうのだ)

 

  • 基本的に帰省したら親の話を聞くことが多いのだけど、愚痴が多い上にしかも話中に感情が高ぶって何の話をされているのか分からなくなる

自分自身もメンタルが強い人間じゃないので、親のおもしろいたのしいつかれるしんどいつらいくるしいという止めどない(私と同じく親にも多動の傾向があるのだろうか)トークを聞き続けると参ってしまうのだけど、私が疲れたそぶりを見せると、それに対してヒステリーを起こされたり怒られたりするので、親が落ち着くまでずっと話を聞いていなければならないのだ、、

 

帰省して家にいるとずっとお酒飲んでるし、呂律の回らない口調で人生や仕事の説教をされるし、たまに酒飲みながら泣かれるし、酔っ払って階段から落ちて怪我したりするから心配だし、翌朝には記憶ないし、そしてまたその翌朝から飲み始めるし…の無限ループ。死ぬ。

 

  • 家族それぞれが上記の通り不安定だったり生きづらさを抱えているので、家族間(私だけでなく、いつも家にいる両親同士とかも含めて)のコミュニケーションが正常に機能せず、会話やお出かけをするたびいつも誰かが嫌な思いをする

言った言わないの水掛け論とか、事前に予定を伝えてないせいで相手の予定が狂うとか、誰かの機嫌やメンタルの調子次第で予定がオシャカになるとか、そういうのが日常茶飯事。家族間の会話もなんかデフォルトで喧嘩腰。針の筵

 

前置きで時間切れ

…実家つれーわってミサワってる間に新幹線着いちゃったぜ。

この実家恐怖の要因の一部が取り除かれたことと、私自身のものの見方や心境の変化によって実家のイメージが変わったよって話をしたかったのだけど、またそれは次の機会に。。。なるべく忘れないうちに。。。

イロゴト

今日は一日中大掃除をしていた。

整理→清掃→整頓の順番で進めて、清掃まではあらかた終わった…

時間が切れたので、暮れの挨拶をすべく知人のもとへ向かっている。

 

朝起きてからギリギリまでマジでずっと体動かしてたし、ちょっと気を抜くとすぐに予め立てた段取りから外れてワケわかんない溝のワケわかんない汚れ落としに必死になって、最終的に掃除そのものが面倒になって結局溝だけ中途半端に綺麗にして終わるのが分かっていたから、意外と集中力とか精神力も変に使ってヘトヘトになっている。

気を遣う挨拶に行くのは正直かったるいけども、1日で片付けると決めた私が悪いというわけで…今年最後の一仕事、頑張ってきます。

 

しかし今までは大掃除として時間を確保して作業をしても、部屋全体が綺麗になった実感が得られなかったから、それが得られただけでも自分の中では大きな進歩だと思う。

今回比較的うまくいった要因は、まあかいつまんで言えば自分のADHD特性を理解した上で自分に出来るやり方を取ったことだと思う。 

 

具体的には、

◆前日のうちにある程度のゴールと段取りを決めておくこと

◆予定時間に80パーセントぐらいしか終わらなくても、段取りから大きく外れないことはやらないこと

◆作業中に「今は家の掃除という大きな仕事の中の●ステップ目の○○○というパーツに取り掛かっていて、○○○を綺麗にするためにはまず今手をつけてる作業を○○まで終わらせないといけない」…といった感じで、実現したいことの全体感を俯瞰的に見ながらひとつひとつの作業をすること

あたりだろうか。

なんだか仕事の進め方とちょっと似てるなー、と思ったけど、これは仕事についても段取りを立ててうまく進める力が付いてきたと喜ぶべきなのか、もしくは日常のちょっとした家事でも仕事と同じぐらいの気合を要するということに落ち込むところなのか謎だなあ。

深海のリトルクライ

アラサーが向き合わなければならない問題、「結婚」の二文字に必死に抗おうとしている。

 

昔は結婚願望は人並みにあった。昔の私に常につきまとっていた、「いつか一人ぼっちになるのではないか」という寂しさや不安は、結婚をして相手の待つ家に帰ることで傷が治るように消えていくのだと思っていた。

 

ところがどっこい、そういうわけでもなさそうだという気持ちが最近強まってきている。

その気持ちを文字にすると、「別に不安や寂しさは別のものでも埋められるのではないか」という予感と、「私が本当にやりたいことを見つけて実行するときに、結婚相手や家庭がその枷になるのではないか」という懸念に分けられる気がする。

 

前者、「不安や寂しさは結婚以外でも埋められるのではないか」ということについて。

学生の頃の人間関係といえば基本的には利害の発生しない友人関係や先輩後輩関係で、「役に立つから」ではなく「一緒にいて楽しいから」という理由で必要とされたいと思っていたし、それが健全な人付き合いのあり方だと考えていた。

でも社会に出ると、「役に立つ」人間だって、それはそれで大切に扱われることが分かった。

それだけじゃなく、自分が残業して頑張って作ったものが、会社の利益(というと大袈裟だしそんな仕事もできてないが)の一部になっていると思うと、それだけで一人ぼっちの寂しさや、世界でいらない人間だという苦しみが少し和らぐというのを実感として得ることができた。

そういう劣等感や自己否定の気持ちが和らぐと、他人とのコミュニケーションにも過度に苦手意識を持たなくなって、「役に立つ」人間としてだけじゃなく「一緒にいて楽しい」人間として私を必要としてくれる友人や会社の同僚も少ないけれど出てくるので、結婚して誰か1人に必要とされることが私の生きづらさを解消する唯一の手段じゃないのかもしれないという考えが少しずつ強まってきている。

「特定の1人に必要とされること」で得られる安心って、よく考えたらめちゃくちゃ危ういものだしな。人の気持ちは変わるし人はいつか死ぬからな。

 

で、後者。「私が本当にやりたいことを見つけて実行するときに、結婚相手や家庭がその枷になるのではないか」という話。

私にはあまりやりたいことがない。やらなきゃいけないから終わらせてしまいたいことや、それをやることで自分の仕事や自己管理が楽になるからやりたい事はあれど、そもそもその行為自体が楽しいからやりたいと思えることは、一つを除いて殆どない。

その一つというのが音楽で、ベースを弾いたり歌ったりすることは自信を持って好きだと言える。しかしながら社会人になってからは、仕事の忙しさやメンタルの不安定さで思うように練習ができない自己嫌悪から、それらからも目を背けるようになってしまった。

 

主に音楽の妨げになっているのはメンタル(ADHD)なので、病状が安定したらいつかたくさん練習をしてたくさんライブに出たい、音楽関係の友達とも頻繁に楽器や好きなアーティストの話をしたいな、とか思っていると、その中に結婚や出産や育児が入る隙間が全く見当たらない。

まずADHDと付き合いながら趣味に打ち込めるようになるまで何年かかるかも見当つかないし、それができるようになったあと、自分が暮らしの何パーセントぐらいを趣味に費やせば満足できるのかも未知の世界だ。バンドマンと結婚すればいいんじゃね?と思ったこともあったけど、音楽性の違いで離婚する可能性を考えるとリスクは大きい。

 

でも周りはみんな結婚を前提にした付き合いとか考え出すし、会社の人らにも「そろそろ周りが結婚しだす時期なんじゃない?」とか言われるし。

抗いたいものの、世間の荒波は厳しい。

 

他に私が結婚を頑なに拒む大きな理由として家族を持つことへの恐怖も大いにあるのだけど、それはまたの機会に話させてください。

とりあえず明日の大掃除のことを考えながら寝ます。

はてな記法がわからなさすぎるせいで読みづらい記事になってしまったな…

自己紹介・このブログについて

昔のはてなダイアリーにはデフォルトで自己紹介のページがあったような気がするのですが、もうそんなものは存在しないのですね…

↑2017年2月26日追記:ありました。(すいませんでした)

 

というわけで自分でそれ用の記事をこしらえました。随時更新します。

作成:2017年1月21日

更新:2017年3月17日

 

基礎情報
  • 名前→葉っぱ
  • 名前の由来→昔同人活動で使ってた寒いハンドルネームから一文字拝借してシンプルイズベストな感じに
  • 年齢→25(2017/1現在)
  • 性別→女

     

仕事
  • 会社員(金融系、3年目)
  • 業務内容は、超かっこよく言えば中長期の経営企画の一旦、かっこつけず言えば現場部署の企画と運営管理
  • メンタルクリニック通いなことは伏せて働いており、定期的な通院は「持病の膀胱炎」ということにしています
  • ちなみに膀胱炎もよく掛かります

 

メンタル

 

プライベート
  • 好きなものは音楽(聴くのも演るのも好き)、野球観戦、たまーに読書、インターネッツ等。インドア派です
  • 趣味でバンド(ベース)をやっており、メンタルがこじれる前はライブにもちょこちょこ出ていました
  • 昔のヴィジュアル系や昔の邦楽ロックが好きですが、飽き性故に狭く浅くです
  • 野球は横浜DeNAベイスターズを応援しています

 

このブログの目的
  • 思ったことを思った時に書く練習
  • 成功体験やうまく行った時の記録
  • 140文字以上の文章とその構成を考えて分かりやすく書く練習
  • 辛い気持ちと自己顕示欲の素直な吐露
  • 自分のことを理解するための記録

 

基本的には自分のためのブログですが、いつかは同じような境遇の人にとってプラスになりうるものを書けるといいなあと思っています。