終夜灯ブライトブライト'

書きたいことを書きたいときに書く練習 アメブロから引っ越し

もう会社休めません(有休残日数的な意味で)

前回会社休みました日記を書いてからはや1週間。25歳の春休みがあと1日で終わろうとしています。

課長に息も絶え絶えで「1週間ほど休ませてください…」と懇願した時は、もはやその1週間をガチ休職までのジャンプ台、もしくは身辺整理の時間として使おうという気概さえあったのですが、実際1週間ちょい休んでみたらすこーしは元気になったと思います。少なくとも、死よりも生のことを考えられる程度には元気になりました。

 

長いサラリーマン人生できっともうない(と思いたい)お休み期間として、どんな過ごし方をしたか、備忘録がてら書いてみようと思います。

 

◆1日目~3日目

とりあえず真っ先にかかりつけの病院に当日診察のお願いをして、主治医に泣きつく。ストラテラの増量と、あと眠れなくなってたので睡眠薬も貰いました。

今まで周りのメンヘラ仲間たちを見てきて「絶対昼夜逆転の生活だけはしてはあるめえ…!」と思っていたので(病状が悪化するからというより周りがうるせえから)、朝ちゃんと起きて夜ちゃんと寝ることと、食事を出来る限り摂ることだけでも出来れば上出来かなと頭では思っていたのですが、今までの生活とのギャップに最初は焦りや罪悪感が半端なかったです。だって毎日起きる時間も家出る時間も仕事する時間も打ち合わせの時間も仕事の内容や締切もきっちり守らなければいけなかったのに、こう、縛りが少なすぎて。何をしていいのか分からなくて、焦りと不安から結局1日の大半を受動的で非生産的な活動と最低限のルーチン的家事に費やしていました。

 

死にそうな時は脳と心を全て殺して掃除をするロボと化してました。新しいことをやろうとするときに、部屋が汚かったり外出する服がなかったりするとそれだけで気が滅入ってやる気がしぼむので、部屋を最低限きれいにすることは大事だなと思いました。

 

◆4日目~6日目

死にそうな私を見かねて、知人が旅行に連れてってくれました。特になにを目的にするでもなく(強いて言うなら錦市場スヌーピー茶屋)、ちょっとお高い旅館でおいしいご飯を食べて温泉に入ってゆっくり休むだけの旅行。これが功を奏して少し元気になれました。

非日常的な空間でゆっくりとした時間を楽しむことができたのも大きかったと思うのですが、それ以上にお酒を飲んだあとに旅館の部屋でLEADERSを観てボロ泣きした事で色々な嫌なものが出ていってくれたのかなと思ってます。

(終盤1時間ぐらい、「佐藤浩市は自分の志を貫いて日本の将来のためにこんなに頑張っているのに、私は…私は…!!」って言いながらずっと泣いてた)

 

あと知人の要望で訪れたスヌーピー茶屋がひたすらかわいかったです。

f:id:tricolore330:20170325232332j:plain

 

f:id:tricolore330:20170325232338j:plain

店構えから食べ物までスヌーピーまみれ。

◆7日目~9日目

旅行から帰って来てからは、少し元気になったので読書量を増やしたりペン字の練習を始めたりと、やや自分の実になるような行動ができるようになりました。

あとはカウンセリングに行って、そこで教わったフォーカシングを日常に取り入れるようになりました…が、これがなかなかすごい効果を発揮しています。

 

前回言われた中間ゴールイメージである「思考から置いてけぼりにされている感情を見つけ出し、思考と感情に一貫性を持たせる」ことを実現する一手段として教えてもらい、カウンセラーの先生と一緒にその場で一回やってみたのですが、中間ゴールに至らずとも、「自分の内側で起こっている身体反応や心の動きに焦点を当てる」という行為だけでかなり楽になれました。

「見つけた感情に「こんにちは」と挨拶する」とか、若干スピリチュアル要素が入ってて今まで敬遠してたのですが、理論ややり方を熟知している専門家のもとでやってみるとやっぱり得られる効果実感も違うし「そういうことかー!」ってなるよね。

 

あと敬遠してたといえば、森田療法「患者を個室に隔離し、食事・洗面・トイレ以外の活動をさせずに1週間寝かせる」とか狂気の沙汰かよ…!と思って調べる気にならなかったのですが、全般性不安障害の治療法として有効と色々なところで聞いたので本を読んでみて、180度考えが変わりました。

「気分にかかわらず何かを始めてみて、その自分を肯定的に評価する」というのは、今の私にいちばん必要なことなのでは…

 ということでこの本で紹介されていた「森田式ダイアリー」をつけ始めました。

あと、どうせなら日記を見返したときに気分が晴れればいいなあと思い(森田式ダイアリーでは、日記を書いた1週間後にもう一度その日記を見返し自分でコメントを書くのです)、手帳や日記用のかわいいイラストの描き方なんかも一緒に調べ始めてます。

これも年初に挙げていたやりたいことにあったことなので、これを機に始められて地味に嬉しかったりします。

 

tricolore330.hatenablog.com

 

そんな感じで、明日で私の春休みも終わります。

焦りから回復への転換のキッカケをくれた友人と佐藤浩市には感謝を、そして1週間ちょいという短期間でなんとか這い上がれた自分には賞賛と労いを掛けたいです。

 

ちゃんと仕事復帰できるか心配だけど頑張るぞい…ぞい…

きょうは会社休みます。あと、来週いっぱいも。

会社をしばらくお休みすることにしました。

と言っても休職ではなく、有休を使う形での1週間程度のお休みですが。

 

理由はざっくり言うとメンタルの限界です。

と言っても仕事がきついとか上司がパワハラしてくるとか先輩との関係がうまくいっていないとかそういう感じではなく、むしろ仕事は楽しかったし、上司や先輩は長所短所含めて私のことを理解してくれているし、その上でできたことは適切に評価してくれるし、残業時間も右肩下がりだったし、何も不満はなかったんですが。

明確な理由が自分でもわからないまま、ジワジワと無理感が蓄積していって、突然「無理」という2文字以外頭に浮かばない状態になっていました。

 

休みに入るまでは、頭の中に出てきた不穏な感情や思考を「だめだこれは深掘りし始めたら会社行けなくなるやつや!忘れよう!」ともみ消していて、多分それが気付けば大きな「無理」になったのだと思うので

時間もできた今、その「無理」が何だったのかを探るべく、少し考えてみようと思います。

 

無理① コンサータからストラテラへの転薬

先日ブログでも触れていたストラテラへのお薬変更。

一般的にストラテラが効くまで早くて1ヵ月~3ヵ月とのことで、ちょうど1ヵ月ぐらい前にストラテラに薬を変えてからほとんどコンサータは飲んでいなかったので、その間私のADHD属性が仕事場や私生活においてまる出しになっていたと思われます。

それでも仕事の量や質は変わらないし、〆切も待ってはくれないし、周囲の人は今までと同じように接してくるし(ぜんぶ当たり前ですが)、まる出しのソレを必死で隠しながら仕事をしたり家事をするのが、自分の思う以上に負担だったようです。

またコンサータを止めたことでネガティブ思考の反芻も悪化し、上記のような仕事や私生活での不出来な部分に対する焦りも倍増するという二次災害も。

(上の話は主治医から言われたのですが、自分の感覚ではコンサータを飲むと頭が働きすぎるような気がして怖かったので、その影でコンサータが自分の反芻思考を押さえてくれているのだとは思ってもいませんでした)

 

そろそろストラテラが効いてくれればいいのですが、、、

薬効が出始める時期とは別に、効く効かないには個人差もあるとのことなので、正直これからがとても不安です。時間を費やして精神をすり減らして、結局効きませんでした~ってなるのではと思うと怖いです。

とりあえずストラテラを80mgに増やしたので、通院の頻度も増やして様子を見ながら、いけるかどうか見極めてみようかと思います。

ストラテラを飲み始めてから朝ベッドから出られるようになったので、効いていないことはないと信じて…!!!

 

無理② 自分のメンタル回復に対する過剰な期待

多分これが焦りを生み出して、上手くいかない日の自己嫌悪を助長しているのだと思います。自覚はある。(けど治せないのでそれもまた自己嫌悪になる)

色々な本やネットで紹介されている各種メンヘラライフハックを使いこなして、メンタルが豆腐でも仕事や私生活をちゃんとこなして生きていきたいと意気込みすぎて、そういった手法をうまく実践できない自分に苛立ったり。

文章にすると本末転倒だとは思うのですが、頭で分かってても気持ちは焦るのです。

「こういう手段を使ってこういう自分になりたい、こういうことを実現したい」というイメージを強く描いてる一方で、自分の今の立ち位置もわかっていない上に、その場所から一段上に踏み出すどころか、その場所でしっかりと立つこともできていないのだから、高い高いところばかり見ていても仕方ないのにね。(って書きながら自分に言い聞かせている)

 

無理③ 過去の辛い経験を思い出させるイベントの発生

詳細はあまり書けないのですが、これが一番つらいかもしれない。思い出したり、関連するイベントが起こる度に気が狂いそうになります。

こういうのの克服ってどうすれば良いのでしょうね。カウンセリングで話すのが良いのかもしれませんが、次のカウンセリングまであと1週間…遠い…

 

そんな感じで、数年来のマジで無理期到来です。(以前は大学受験直前でした)

ちゃんと再来週の自分が職場に戻れているのかとか、この苦しみからいつ抜け出せるのかとか、考え始めたらもうアァアアアアってなってそれだけで1日が終わりそうになるんですが(そしてそれもまた自己嫌悪を助長する)、なるべく不安を和らげたり、自分を大切にすることを、できる範囲で心掛けたいと思います。

ベッドから出られない日があっても、その日は「無茶をして明日以降さらに状態が悪化することを防いだ」と自分を褒めてあげたいです。

2017年やりたいこと・やりたくないことリスト

 

CindⅢ siteでシンディさんが書かれていたのを見て、私もこれやりたい!と思ったのでやってみました。

2017年やりたいことリスト・やりたくないことリストをまとめてみた - CindⅢ site

 

例年、年初に「今年やりたいこと」とか「今年の目標」みたいなのを立てはするものの、いつも1月からその目標に沿った動きができず結局2月には目標自体をなかったことにするというクズの所業を繰り返しているので、

やりたいことをたくさんリストアップして1つでも実現できたら万々歳、ぐらいのスタンスで書き出してみました。

 

☆やりたい☆

音楽に楽しく没頭する時間を増やす
  • いろんなアーティストの曲を聴く
  • バンド活動(ベース)の本格再開
  • キーボードの練習
創作
  • 軽いお絵描き
  • 短い作品(漫画か小説)を1本でも生み出す
自己管理・私生活の改善
  • 自分マニュアルの作成
  • 掃除(4S)
  • 貯金
自分磨き(外面)
  • 老化への抵抗
  • 平日/休日ファッションの差別化
自分磨き(内面)
  • 読書
  • アサーティブコミュニケーションの習得
  • スキーマ療法の実践
  • 前向きな考え方の定着・仕組み化
仕事
  • 社内外での信頼獲得
  • 現プロジェクトでの早期戦力化・主力化
  • むかつく先輩を泣かす
その他
  • 引っ越し
 

×やりたくない×

  • 何も生まない衝突や口論
  • 必要のない人間関係の維持
  • というか、人付き合い全般
  • 時間とお金の無駄遣い
  • 残業
  • 料理
  • 細かい仕事、作業
  • 物事の先伸ばし
  • …による、ネガティブ思考のスパイラル
  • お金のことを考えながら生きること
  • 人生の重大な決断(転職とか結婚とか)

 

とりあえず思いつくままにリストアップしてみました。やりたいことが基本一人遊び系なうえやりたくないことに人付き合い全般が入ってるあたり相当人嫌いかって感じですね。

シンディさんのやってた深掘りも、時間がある時にやりたいです。せめてやりたいこと編だけでも…

イロゴト

今日は一日中大掃除をしていた。

整理→清掃→整頓の順番で進めて、清掃まではあらかた終わった…

時間が切れたので、暮れの挨拶をすべく知人のもとへ向かっている。

 

朝起きてからギリギリまでマジでずっと体動かしてたし、ちょっと気を抜くとすぐに予め立てた段取りから外れてワケわかんない溝のワケわかんない汚れ落としに必死になって、最終的に掃除そのものが面倒になって結局溝だけ中途半端に綺麗にして終わるのが分かっていたから、意外と集中力とか精神力も変に使ってヘトヘトになっている。

気を遣う挨拶に行くのは正直かったるいけども、1日で片付けると決めた私が悪いというわけで…今年最後の一仕事、頑張ってきます。

 

しかし今までは大掃除として時間を確保して作業をしても、部屋全体が綺麗になった実感が得られなかったから、それが得られただけでも自分の中では大きな進歩だと思う。

今回比較的うまくいった要因は、まあかいつまんで言えば自分のADHD特性を理解した上で自分に出来るやり方を取ったことだと思う。 

 

具体的には、

◆前日のうちにある程度のゴールと段取りを決めておくこと

◆予定時間に80パーセントぐらいしか終わらなくても、段取りから大きく外れないことはやらないこと

◆作業中に「今は家の掃除という大きな仕事の中の●ステップ目の○○○というパーツに取り掛かっていて、○○○を綺麗にするためにはまず今手をつけてる作業を○○まで終わらせないといけない」…といった感じで、実現したいことの全体感を俯瞰的に見ながらひとつひとつの作業をすること

あたりだろうか。

なんだか仕事の進め方とちょっと似てるなー、と思ったけど、これは仕事についても段取りを立ててうまく進める力が付いてきたと喜ぶべきなのか、もしくは日常のちょっとした家事でも仕事と同じぐらいの気合を要するということに落ち込むところなのか謎だなあ。

深海のリトルクライ

アラサーが向き合わなければならない問題、「結婚」の二文字に必死に抗おうとしている。

 

昔は結婚願望は人並みにあった。昔の私に常につきまとっていた、「いつか一人ぼっちになるのではないか」という寂しさや不安は、結婚をして相手の待つ家に帰ることで傷が治るように消えていくのだと思っていた。

 

ところがどっこい、そういうわけでもなさそうだという気持ちが最近強まってきている。

その気持ちを文字にすると、「別に不安や寂しさは別のものでも埋められるのではないか」という予感と、「私が本当にやりたいことを見つけて実行するときに、結婚相手や家庭がその枷になるのではないか」という懸念に分けられる気がする。

 

前者、「不安や寂しさは結婚以外でも埋められるのではないか」ということについて。

学生の頃の人間関係といえば基本的には利害の発生しない友人関係や先輩後輩関係で、「役に立つから」ではなく「一緒にいて楽しいから」という理由で必要とされたいと思っていたし、それが健全な人付き合いのあり方だと考えていた。

でも社会に出ると、「役に立つ」人間だって、それはそれで大切に扱われることが分かった。

それだけじゃなく、自分が残業して頑張って作ったものが、会社の利益(というと大袈裟だしそんな仕事もできてないが)の一部になっていると思うと、それだけで一人ぼっちの寂しさや、世界でいらない人間だという苦しみが少し和らぐというのを実感として得ることができた。

そういう劣等感や自己否定の気持ちが和らぐと、他人とのコミュニケーションにも過度に苦手意識を持たなくなって、「役に立つ」人間としてだけじゃなく「一緒にいて楽しい」人間として私を必要としてくれる友人や会社の同僚も少ないけれど出てくるので、結婚して誰か1人に必要とされることが私の生きづらさを解消する唯一の手段じゃないのかもしれないという考えが少しずつ強まってきている。

「特定の1人に必要とされること」で得られる安心って、よく考えたらめちゃくちゃ危ういものだしな。人の気持ちは変わるし人はいつか死ぬからな。

 

で、後者。「私が本当にやりたいことを見つけて実行するときに、結婚相手や家庭がその枷になるのではないか」という話。

私にはあまりやりたいことがない。やらなきゃいけないから終わらせてしまいたいことや、それをやることで自分の仕事や自己管理が楽になるからやりたい事はあれど、そもそもその行為自体が楽しいからやりたいと思えることは、一つを除いて殆どない。

その一つというのが音楽で、ベースを弾いたり歌ったりすることは自信を持って好きだと言える。しかしながら社会人になってからは、仕事の忙しさやメンタルの不安定さで思うように練習ができない自己嫌悪から、それらからも目を背けるようになってしまった。

 

主に音楽の妨げになっているのはメンタル(ADHD)なので、病状が安定したらいつかたくさん練習をしてたくさんライブに出たい、音楽関係の友達とも頻繁に楽器や好きなアーティストの話をしたいな、とか思っていると、その中に結婚や出産や育児が入る隙間が全く見当たらない。

まずADHDと付き合いながら趣味に打ち込めるようになるまで何年かかるかも見当つかないし、それができるようになったあと、自分が暮らしの何パーセントぐらいを趣味に費やせば満足できるのかも未知の世界だ。バンドマンと結婚すればいいんじゃね?と思ったこともあったけど、音楽性の違いで離婚する可能性を考えるとリスクは大きい。

 

でも周りはみんな結婚を前提にした付き合いとか考え出すし、会社の人らにも「そろそろ周りが結婚しだす時期なんじゃない?」とか言われるし。

抗いたいものの、世間の荒波は厳しい。

 

他に私が結婚を頑なに拒む大きな理由として家族を持つことへの恐怖も大いにあるのだけど、それはまたの機会に話させてください。

とりあえず明日の大掃除のことを考えながら寝ます。

はてな記法がわからなさすぎるせいで読みづらい記事になってしまったな…

自己紹介・このブログについて

昔のはてなダイアリーにはデフォルトで自己紹介のページがあったような気がするのですが、もうそんなものは存在しないのですね…

↑2017年2月26日追記:ありました。(すいませんでした)

 

というわけで自分でそれ用の記事をこしらえました。随時更新します。

作成:2017年1月21日

更新:2017年10月24日

 

基礎情報
  • 名前→ハヅキカオル/葉っぱ
  • 年齢→26
  • 性別→女

     

仕事
  • 会社員(金融系、3年目)
  • 業務内容は、超かっこよく言えば中長期の経営企画の一旦、かっこつけず言えば現場部署の企画と運営管理
  • メンタルクリニック通いなことは伏せて働いており、定期的な通院は「持病の膀胱炎」ということにしています
  • ちなみに膀胱炎もよく掛かる

 

プライベート
  • 好きなものは音楽(聴くのも演るのも好き)、野球観戦、たまーに読書、インターネッツ等。インドア派です
  • 趣味でバンド(ベース)をやっており、メンタルがこじれる前はライブにもちょこちょこ出ていました
  • 昔のヴィジュアル系や昔の邦楽ロックが好きですが、飽き性故に狭く浅くです
  • 野球は横浜DeNAベイスターズを応援しています

 

このブログの目的
  • 思ったことを思った時に書く練習
  • 140文字以上の文章とその構成を考えて分かりやすく書く練習
  • 自分のことを理解するための記録

 

基本的には自分のためのブログですが、いつかは同じような境遇の人にとってプラスになりうるものを書けるといいなあと思っています。