読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終夜灯ブライトブライト'

書きたいことを書きたいときに書く練習 アメブロから引っ越し

きょうは会社休みます。あと、来週いっぱいも。

会社をしばらくお休みすることにしました。

と言っても休職ではなく、有休を使う形での1週間程度のお休みですが。

 

理由はざっくり言うとメンタルの限界です。

と言っても仕事がきついとか上司がパワハラしてくるとか先輩との関係がうまくいっていないとかそういう感じではなく、むしろ仕事は楽しかったし、上司や先輩は長所短所含めて私のことを理解してくれているし、その上でできたことは適切に評価してくれるし、残業時間も右肩下がりだったし、何も不満はなかったんですが。

明確な理由が自分でもわからないまま、ジワジワと無理感が蓄積していって、突然「無理」という2文字以外頭に浮かばない状態になっていました。

 

休みに入るまでは、頭の中に出てきた不穏な感情や思考を「だめだこれは深掘りし始めたら会社行けなくなるやつや!忘れよう!」ともみ消していて、多分それが気付けば大きな「無理」になったのだと思うので

時間もできた今、その「無理」が何だったのかを探るべく、少し考えてみようと思います。

 

無理① コンサータからストラテラへの転薬

先日ブログでも触れていたストラテラへのお薬変更。

一般的にストラテラが効くまで早くて1ヵ月~3ヵ月とのことで、ちょうど1ヵ月ぐらい前にストラテラに薬を変えてからほとんどコンサータは飲んでいなかったので、その間私のADHD属性が仕事場や私生活においてまる出しになっていたと思われます。

それでも仕事の量や質は変わらないし、〆切も待ってはくれないし、周囲の人は今までと同じように接してくるし(ぜんぶ当たり前ですが)、まる出しのソレを必死で隠しながら仕事をしたり家事をするのが、自分の思う以上に負担だったようです。

またコンサータを止めたことでネガティブ思考の反芻も悪化し、上記のような仕事や私生活での不出来な部分に対する焦りも倍増するという二次災害も。

(上の話は主治医から言われたのですが、自分の感覚ではコンサータを飲むと頭が働きすぎるような気がして怖かったので、その影でコンサータが自分の反芻思考を押さえてくれているのだとは思ってもいませんでした)

 

そろそろストラテラが効いてくれればいいのですが、、、

薬効が出始める時期とは別に、効く効かないには個人差もあるとのことなので、正直これからがとても不安です。時間を費やして精神をすり減らして、結局効きませんでした~ってなるのではと思うと怖いです。

とりあえずストラテラを80mgに増やしたので、通院の頻度も増やして様子を見ながら、いけるかどうか見極めてみようかと思います。

ストラテラを飲み始めてから朝ベッドから出られるようになったので、効いていないことはないと信じて…!!!

 

無理② 自分のメンタル回復に対する過剰な期待

多分これが焦りを生み出して、上手くいかない日の自己嫌悪を助長しているのだと思います。自覚はある。(けど治せないのでそれもまた自己嫌悪になる)

色々な本やネットで紹介されている各種メンヘラライフハックを使いこなして、メンタルが豆腐でも仕事や私生活をちゃんとこなして生きていきたいと意気込みすぎて、そういった手法をうまく実践できない自分に苛立ったり。

文章にすると本末転倒だとは思うのですが、頭で分かってても気持ちは焦るのです。

「こういう手段を使ってこういう自分になりたい、こういうことを実現したい」というイメージを強く描いてる一方で、自分の今の立ち位置もわかっていない上に、その場所から一段上に踏み出すどころか、その場所でしっかりと立つこともできていないのだから、高い高いところばかり見ていても仕方ないのにね。(って書きながら自分に言い聞かせている)

 

無理③ 過去の辛い経験を思い出させるイベントの発生

詳細はあまり書けないのですが、これが一番つらいかもしれない。思い出したり、関連するイベントが起こる度に気が狂いそうになります。

こういうのの克服ってどうすれば良いのでしょうね。カウンセリングで話すのが良いのかもしれませんが、次のカウンセリングまであと1週間…遠い…

 

そんな感じで、数年来のマジで無理期到来です。(以前は大学受験直前でした)

ちゃんと再来週の自分が職場に戻れているのかとか、この苦しみからいつ抜け出せるのかとか、考え始めたらもうアァアアアアってなってそれだけで1日が終わりそうになるんですが(そしてそれもまた自己嫌悪を助長する)、なるべく不安を和らげたり、自分を大切にすることを、できる範囲で心掛けたいと思います。

ベッドから出られない日があっても、その日は「無茶をして明日以降さらに状態が悪化することを防いだ」と自分を褒めてあげたいです。