終夜灯ブライトブライト'

書きたいことを書きたいときに書く練習 アメブロから引っ越し

アラサーとヨガ、メンヘラとフォーカシング、オタクと催眠音声(前編)

今月のはじめから、ヨガに通い始めました。

 

目的はダイエットではないので、ジムでのホットヨガではなく適温のスタジオでゆったりしながら、週1〜2回ぐらい気楽にやってます。

 

今日はヨガのこと、あとはタイトルに述べた通り似たような事をやってるのにターゲットが違いすぎて全く別のフィールドにいるフォーカシングや催眠音声のことを書きます。

完全に趣味の記事なので、ヨガに関する有益な情報とかは期待しないでください。

 

ヨガたのしい

通ってるヨガスタジオには、目的(体の歪み取り、リラックス、ダイエットなど)に応じて色々なカリキュラムが用意されています。

時間帯にもよりますが、私は主に最近流行ってるヨガの中でもポピュラー(と勝手に思っている)な「ハタヨガ」だったり、自律神経のバランスを整えるための穏やかなカリキュラムを選んでます。

この辺はスタジオや講師の方針にもよりけりだと思いますが、ダイエット目的じゃないヨガの流れは大体こんな感じです。

 

ヨガ(ハタヨガ)の流れ

1.ストレッチと呼吸の調整

これでもかってくらい体のありとあらゆる関節やら筋やらをほぐしていきます。

最初は安物のデッサン人形かよって位の動かなさだった私の関節ですが、回を重ねていくにつれてコキコキ言いつつかろうじて動き始めました。楽しいです。

 

で、それに合わせてヨガの基本呼吸である腹式呼吸へと自分の呼吸をシフトしていきます。

ダイエットしてる人や歌う人にとっては聞き慣れてる言葉かもしれませんが、「吸う時にお腹を膨らませて吐く時にお腹をへこませる」「お腹に力を入れて呼吸する」といったポイントを押さえている人の中でも、正しく腹式呼吸ができてる人は案外少ないのではと思います。

と言うのも、お腹に力を入れることを意識しすぎて、首や肩などの他の部分にも力が入ってしまうのです。

ヨガをやってると、動きを入れながら少しずつ呼吸を深くしていくことで、余分な力を抜きながら腹式呼吸を行うことができます。加えて、ヨガは「自分の内側で起こっている全ての現象をそれを受け入れる」行為でもあるので、うまく呼吸ができないという焦りでさらに身体に力が入る悪循環(歌が好きな人たち(私)の間では「呼吸イップス」と呼ばれています)を回避することもできるのです。

 

2.いろんなアーサナ(ポーズ)

あのねもうね、ぼかぁ声を大にして言いたい。アーサナとかシャバーサナとかヨガファイアとかそういうスピリチュアルな連想をさせる単語がヨガを取っ付きにくくさせてるんとちゃうかと。

最近はそれこそホットヨガとか、家でできるヨガの本がブームなのでその傾向も薄まってきたんだとは思うんですけど!

スピリチュアル女子だと思われるのが怖くて周りにヨガやってるって言えない。

人のオーラの色が見えるとか、カードがうちに告げるんやってすぐ言うとか、色んな人の守護霊を降霊して本を書いてるとか思われたくない。

 

…話が逸れましたが、ストレッチをやった後は様々な種類のアーサナ…もとい動きを順番にやっていきます。

同じポーズでゆっくり静止するものもあれば、ソイヤソイヤ!ぐらいの勢いで激しく動きまくるものもあります。多分世の中のホットヨガ女子たちはソイヤソイヤ!の方をメインでやってます。

因みに、メジャーなヨガの一連の動きに「太陽礼拝」と呼ばれるものがあるのですが、それも若干スピリチュアルというか宗教感があるので私は「縦ソイヤ」と呼んでいます。月礼拝は「横ソイヤ」です。

 

因みにヨガのポーズの代名詞のようになっている「鳩のポーズ」は、意外とやりません。

f:id:tricolore330:20170524210356p:image

1番メジャーなのは「下向き犬のポーズ」かと思われます。

f:id:tricolore330:20170524210352j:image

すごく、地味です。

 

3.シャバーサナ

だからやめろ!!!!そのスピリチュアルタームは!!!!!!

 

超ざっくり言うと「仰向けで行う瞑想」です。

因みにシャバーサナもヨガのアーサナの一つで、「屍のポーズ」のことを指すそうです。いちいちこわい。

 

終盤の5分〜15分ぐらい、マットの上に仰向けになって目を瞑り、自分の内部感覚に全ての意識を集中します。

呼吸の流れ、力が入っている部位、一連の動きで伸びた筋肉、血行がよくなった手先の暖かさ、少し強くなった脈動、ふと浮かんでくるとりとめのない思考などなど…内側で起こっている全ての事が「存在する」ことを認識した上で、肯定も否定もせず受け流します。最近ビジネス本などでも取り上げられるようになった「マインドフルネス」と似たような感じです。

 

ヨガの終わりにこの時間が設けられていることで、体を動かした充実感だけではなく、心身をリセットできたような爽快感や安心感を得られるので、個人的にはこのシャバーサナの時間がとても大好きです。ネクロフィリアと呼んでください。

 

ヨガってメンヘラ向けの運動なのでは説、浮上

大体こんな感じで、1セット1時間くらいかけて行います。

ヨガをやってみて思ったのが、「マインドフルネスやフォーカシングなどの心理療法と考え方が似ている」ということ。

具体的には、「自分の内側で起こっている全ての事が「存在する」ことを認識した上で、肯定も否定もせず受け流す」という、頭で考えることを意識的に放棄し、「感じる」という営みを通じて心身の癒しを得ることができる、という部分です。

 

てわけで後半では、ヨガをやっている人や興味がある人に合わせてお勧めしたい「フォーカシング」の技法と、特に心身の健康のためには勧めないけど私が個人的に気に入っている「催眠音声」について書きたいと思います。

空腹の限界が来たのでご飯を食べて参りますわ〜〜