終夜灯ブライトブライト'

主に日記やライブレポ、たまにポエマーと化す

感情を認識してから

私の中で燻っていた感情は、意外にも「怒り」という呼び方をするのが相応しいような気がした。しかし怒りとは?そんな感情が生まれる心当たりが全くない。今まで私を度々イラつかせたり惨めな気持ちにさせてきた人は、休職状態の今は私との接点すらない。日常生活の中で怒りを感じる出来事も思い浮かばないし、過去に受けた他者からの仕打ち(特に、私のパーソナリティー形成や現在の鬱状態に何らかの影響を及ぼしたであろう辛い出来事)も、思い出して胸が苦しくなったりはするが怒りがこみ上げるような種類のものではない。そこまで考えて、1つの疑問が過ぎった。

「何も怒りを感じる心当たりがないのは、怒りの感情を今まで殺してきたからではないのか?」自分に自分で問いかけて、はっとした。怒りを抑圧している自覚こそなかったが、私の中にあった「こうあるべき人間像」は、確かに感情的に怒ることなどしなかった。自分にとって好ましくない事が起きた時は、常に自分と相手両方の言い分を勘案したうえで、それでも自分が正しいと確信した時だけ、相手を傷つけないような言い方で注意を促す、そんな人間を理想形としてイメージしていた。だから今までの人生の中で湧き上がった怒りは、まるで込み上がってきた吐き気を落ち着かせるかのように、胸の奥に押し込まれ続けてきた。

ただ、他人から見た私は決して温厚な人間ではないと思う。他者を無闇に糾弾したり攻撃するようなことはしないし、常に感情的でいるわけでもないが、時折感情がコントロールできなくなり他人に泣きついたり八つ当たりしたりということは、しないわけではない。いくら見ないフリをして心の奥(感覚的には、感情のゴミ箱のようなものに近い)に押し込んでもその感情は確かに存在しており、ぎゅうぎゅうに感情が詰め込まれたゴミ箱が爆発する時、小さな怒りや負の感情は全部まとめられて、1つの「怒り」や「悲しみ」や「不安」という圧倒的なネガティブ感情として発露してしまうのだ。

その姿は温厚で理性的な人間とは対極にあると言っても過言ではない。もちろん、それを温厚な人間を目指す私が許せるわけがなかった。強い負の感情を自分の中に見つけるたび、どんどん自分の事が嫌いになった。

 

そんな私が、いまこの瞬間に、吐きそうになって泣くほど苦しんでいる「怒り」の感情。それは、今まで怒る事ができなかったあの日の誰かに向けた怒りかもしれない。あるいは、これまでそういった感情を無視し続けていたこと、「こうあるべき」の枠から外れた私を自らぞんざいに扱った私自身への怒りなのかもしれない。

 身体感覚から感情を読み解くというのはこういう事なのだろうか。フォーカシングや認知療法で馴染みはあるが、やり方として合っているかは自信がない。ただ上記の事がわかった瞬間、わけもわからないまま大泣きできたので、私の頭の中の言葉で表現できない部分が何かいいことをしてくれたんじゃないか、と、高鳴る胸を感じながら密かに思っている。

 

これからはもっと自由に怒れる人になれたらいいなあと思う。普通に考えてこれが正しいでしょ?なんて枕詞を捨てて、シンプルな言葉とシンプルな気持ちで人と話ができれば、たとえ怒りの感情が湧き上がってもなんとかなるのではないだろうか。

しかしひとまずは、物心ついた頃から怒りを必死で我慢し、決壊した感情で自他を傷つけて、それでまた自分を嫌いになっていた自分をすこし労ってあげようと思う。