終夜灯ブライトブライト'

主に日記やライブレポ、たまにポエマーと化す

日記 8月23日

すごく幸せですごく悲しい夢を見た気がする。印象的な夢を見た時って、目が覚めた直後は夢の中で起こった事も自分が何を思ったかも覚えているのだけど、その日の夕方とか夜になるとほとんどのことは忘れてしまって感情の残渣みたいなものだけが残っていることが多くて、それがとても寂しい。いまの現実が幸せじゃないなんてことは勿論ないから、寂しがったりそこにないものを欲しがったりする必要なんてないのだけど。

 

相変わらず仕事がないので優雅に明日有休を取ることにした。しかしその数時間後、現部署での初めての成果物レビューがあり色々言われて闘争心に無駄に火がついてしまったため、有休申請をしたことを後悔している。(でも休む)

別に怒られたわけではないのだけど、課長に「やっぱり仕事ガチモードな葉っちゃんは良いね、おれ仕事で君相手に手抜いたり気遣ったりしたくないわ」と言われてしまったもので。自分は仕事よりも趣味や私生活を大事にしたいという答えを持って仕事に復帰したものの、優先順位が低いからって決して仕事が嫌いなわけではないのかもしれない。議論をしたあとに「相変わらず君は退かないねw」って笑う課長を見て、してやったり!と思う程度には仕事が好きだ。

これまで自分を犠牲に仕事をしてきたことを後悔してきたけど、だからと言って仕事に打ち込んできた自分を否定する必要もないんだな、とふと思った。やりたくないことを無理やりやらされていた訳ではなくて、仕事とか音楽とかいろんなことの優先順位をつけられなかっただけなのかもしれない。今の私は昔に比べて優先順位をつけて物事をやるのが上手くなったし、その優先順位が日によってコロコロ変わってもいいということも知っている。これからもそうやってひとつひとつ賢くなっていけたらいいなあ。

 

隣の席の先輩が面白すぎて毎日爆笑してる気がする。