終夜灯ブライトブライト'

主に日記やライブレポ、たまにポエマーと化す

昨日と今日の音楽「Flamingo/TEENAGE RIOT/米津玄師」

突然だが、私は「生々しい音楽」にめっぽう弱い。エンターテイメント性や音楽しての完成度が高いミュージシャンもすごいなあと思うし、そう言うのが聴きたくなる時も往々にしてあるのだけど、目を奪われて夢中になってしまうのは、時にかっこ悪くても自分の全部を歌やステージにぶつけようとする人間らしいバンドだ。クリープハイプとかはそういうのの典型例だし、ヒトリエだって初期の無機質な感じよりもwowakaさんの人間っぽさモロ出しな最近の曲やライブの方が好きだ。

 

米津玄師という人は、私の中ではそういうアーティストではなかった。自分自身を音楽のいち構成要素として扱い、ひとつの作品を完成させることに重きを置いているのだと思っていた。

ただそれが最近変わってきた。こないだライブを見て、そして新曲「Flamingo」「TEENAGE RIOT」「ごめんね」を聴いて、今までのような「完成度の高い音楽を作り上げること」だけじゃなく「ひとりの歌手としてステージに立ち歌うこと」で、自分を表現しようとしている様子をつよく感じた。

こないだのライブでの米津さんは、高音が出なくて苦しそうにしていた。調子が悪かったのも勿論あると思うけど、「正しく歌わなければ」という米津さんのリミッターが外れていたことも一つの要因な気もする。以前米津さんを見たときは、終盤の大事なところ(灰色と青のサビとか)に備えて前半は温存している感が否めなかったが、今回はそれを全く感じなかった。序盤から全力で、最後声がボロボロになってもその勢いを緩めることはなかった。本編ラストのLemonのcメロ、最後の最後にありったけを出し切った「とても忘れられない それだけが確か」という高音のフレーズは、声がうまく出ているとは言い難かったけど、なにか美しいと感じるものがあった。

そんなライブを見た後だったこともあり、TEENAGE RIOTの「バースデイソング」という歌詞や、ツイッターでの「シングルの発売日であり誕生日です」という言葉を見て、「新しい米津さん」の可能性を感じずにはいられなかった。というわけで、書いていきます感想。(前置き長すぎた)

Flamingo / TEENAGE RIOT

Flamingo / TEENAGE RIOT

 

 

表題曲、Flamingo。めっちゃ好き。moonlightとかでやろうとしていた根暗ポップ(おととい書いたking gnuみたいなやつ)の、米津さんなりの着地点という感じがする。低音中心だけど聞き手を飽きさせない工夫が随所にしてあり、暗いのにどこかふざけているような絶妙なバランスの曲調が、ふらふら彷徨う歌詞と絶妙にマッチしている。Cメロの演歌みたいな歌い方もいいよね…

時が経つにつれ大胆な路線変更をするアーティストは少なくないけど、米津さんは路線を変えたその先にある自分なりの完成点みたいなところにちゃんと到達するのがすごい。どんな曲調でも「あー、米津さんの曲だ」と思うもんな。

 

TEENAGE RIOTはライブで最初に聞いた時の若手バンド感が印象的だった。曲も好きなのだけど、それ以上にこれは歌詞がすごく良い。自分を出すことを躊躇うティーンエイジャーへ向けたメッセージを珍しいほどまっすぐな言葉で歌っていて、全然ティーンじゃないのに心を打たれた。

ここから完全にめんどくさいファンの独り言なんですけど、この曲をこのタイミングで世に出すのは、自分で自分の背中を押しているのかな、と思っている。Lemonが爆売れて、いろんな人に聞かれていろんな事を言われるようになって、このまま自分の思うように進み続けてもいいのだろうかという不安があったんじゃないか。ライブでも「変わっていくことに対していろんな反応があって、離れていくファンもいるけど…」ということに触れていたし。一度認められたからこそ、次のステップに進むのが怖くなる。そういう人並みの不安は、「天才」と言われる米津さんにも確かに存在していたんじゃないかなーと。そういう葛藤があって、それを乗り越えた先に出したこのシングルが今の米津さんにとっての「バースデイソング」だったら、なんだかすごくしっくりくる。

そんな事を考え始めると、このシングル自体がすごく私的なことを歌っているように聞こえる。「フラミンゴのように鮮やかに踊る女性に想いを寄せるどうしようもない男の歌」だと思っていたFlamingoも、サビの「あなたフラミンゴ…」で踊り出す米津さんを見ていると、どうしても歌詞の中のフラミンゴは米津さん自身なのでは?と思う。一人称視点の主人公が、「周りの評判に踊らされてふらふら迷う米津玄師」で、フラミンゴと称される「あなた」が、「自分の思うまま自由に音楽をやっている理想の米津玄師」なのだとしたら。そして理想と現状の間でふらふら揺れて辿り着いたのがTEENAGE RIOTの「カスみたいな けれど確かなバースデイソング」なのだとしたら。それはまさしく私が惹かれてやまない「生々しい音楽」だ!ついでに言えば「ごめんね」は、そんな中ついてきてくれたファンに「心配かけてごめんね、大丈夫、ありがと」と伝える曲なのだとしたら!!!!!われわれファンにはもう「尊い…」と言い残して死ぬ以外の選択肢が残されていない!!!!!

 

…まあただの憶測なんですけど、どちらにせよ米津さんが「ハイクオリティな作品を生み出すアーティスト」から「いろんな形でいろんな自分を表現するひとりの歌手」になりつつあるのはLemonぐらいの時から感じていて、それは多分米津さん本人にとっても私たちにとっても素敵なことなんだろうなあと信じている。たどり着いたその次の景色はどんなものだろうか。そう思うと今からワクワクが止まらなくて、私はCDをまた何枚も買っては余りを実家に送るのだった。ライブ当たりますように〜!!!(CDに応募券がついている)