終夜灯ブライトブライト'

主に日記やライブレポ、たまにポエマーと化す

ストラテラ効かなくなった疑惑

今まで効いていた薬が、効かなくなるなんてことあるんですかね。

 

先日病院にかかって、最近の病状を話した。気分の落ち込みや不安はだいぶマシになっていること。それでも定期的に自分ではどうしようもない無気力に襲われて会社に行けなくなること。会社でもしばしばその場にいるのが辛くなって早退してしまうこと。そしたら、主治医にこんなことを言われた。

 

「葉っぱさん、ストラテラからコンサータに戻したほうがいいんじゃない?」

 

マジすか。と思わず返してしまった。自分がADHDと分かった当初はコンサータ16gを飲んでいたが、薬が切れた時の落差が辛いのと一般的にストラテラよりも危険性が高いと言われていて怖かったので、1年ほど飲み続けてストラテラに変えてもらうよう自分から頼んだという経緯があった。以後、1年半ぐらいストラテラを飲んでいて、コンサータよりも鋭い効き目は感じなかったものの多分効いていた。同じタイミングで鬱が悪化して、それはそれとして物事に着手したり集中したりできないこともあったので、正直なところよく分からないのだが。少なくとも自分のADHDを自覚した時に強く感じた「仕事中に頭がグチャグチャになる感じ」は、ストラテラを飲むと落ち着いた。

 

で、休職を経て今に至るのだが。心身の安定と比例して、物事に着手できない・集中できない自分が目につくようになってきた。不安なことはないのに物事に集中できない。特に具体的な心配事はないのに会社に行く準備ができない。今までまだ体調が追いついていないだけだと思っていたが、最近からだはめっぽう元気になってきた。確かに言われてみると、ストラテラが、効いてないような気も、しなくもない。

 

もしくは今までなんとか仕事ができていたのは、常に意識が仕事にあったからなのかもしれない。仕事ができることだけを自分の支えにして生きていた1年間は、割と仕事のこと(あと不安のこと)ばかり考えていた。仕事ができなくなったらいよいよ自分が生きててもいい理由がなくなると思っていた。それ自体は決して良い状態じゃなかったが、思い返せばその極度のプレッシャーが自分を仕事に集中させていたのかもしれない。こうやって不安やネガティブな固定観念から解放された今、プレッシャーに押し込まれて隠れていた自分の注意欠如な部分が目立つようになってしまった可能性はなきにしもあらずだ。

 

できればコンサータは飲みたくない。副作用云々もあるが、何より作用時間が12時間程度なのが痛い。残業をするようになると18時には薬が切れるので、仕事が長引けば長引くほどポンコツになっていくのは自分でも辛いものがある。朝コンサータを飲むに至るまでの道のり(ベッドからリビングまで)も地味に痛い。あと薬が効いている自覚がはっきりと感じられるので、自分じゃない人が仕事をしているような気分になって、薬を飲んでいない自分の事をどんどん嫌いになってしまう。でも本当にストラテラが十分に効いてないのだとしたら、増薬だけじゃなくて薬を変えることも視野に入れなければならない。

 

生きてる限り誰であれしんどいことはつきものなのだろうけど、なぜ自分の人生はうまくいかないことばかりなんだろうと思わずにはいられない。人生はゲームとよく言われるけど、こうも自分のぽんこつぶりに悩まされることが多いと、他人よりも数段スペックの低いゲーム遊んでいる気持ちになる。皆が敵とかと戦ったりレベル上げたりしている隣で、ゲームが起動しなくてカセットをフーフー吹いているのがわたしです。最新機種で神ゲーがやりたいなんて贅沢は言わないから、せめて起動中はつつがなく動いてほしい。