終夜灯ブライトブライト'

主に日記やライブレポ、たまにポエマーと化す

人の目が怖い

いい歳して何言ってるんだって感じ。

というかメイド喫茶で働いたり自撮りをツイッターに爆上げしたり人に写真撮ってもらったり変な集まりを主催したり(5月4日、オタク格付けチェックやります。そこまでオタクじゃなくても楽しめるはずっていうか私がそんなにオタクじゃない)してる奴が何を…と思いますよね。私もそう思います。バカも休み休みyeah

しかしながら年々その恐怖心は強くなってきており、最近は人に手元を見られると緊張で手が震えミルクを零す始末。手元見られた時のバイブレーションが半端ないし、楽器弾いてても目が合うと全身が硬直する感覚を覚える。そもそもメイド喫茶で働いたのも人見知りを直すためだし(結局初対面のオタクと喋るスキルだけが向上し社会性は身につかず終わった)、写真を撮ってもらうようになったのも自分のあまりの写真うつりの悪さ(カメラ越しでも人と目を合わせられない)を改善するためだし。変な集まりを主催するのは楽しいからです。

いろんな事を経験したり昔よりも自分が何を思ってるかに敏感になったりして、ありのままの自分を出せると思いきや「人が苦手すぎる自分」自身に気づいてしまうという残念な結果になっており誠に遺憾である。そして、もうこの歳になると人間そうそう変わらないと思って半分諦めてる一方で何を血迷ったか音楽(やる側)などという趣味を持ってしまったがゆえに、人前で何かすることはほぼ避けられずとても困っている。

 

まあ何が言いたいかというと、昨日のバンド練習は緊張したなあという話だ!!!!

ほぼ初対面の人の前で楽器弾くのが怖すぎるあまり気づいたら飲酒していた自分を見て、あっこれはいよいよ末期だなと…

 

四六時中隣にいて「大丈夫!変じゃない!」って言ってくれる人を雇いたい。