終夜灯ブライトブライト'

主に日記やライブレポ、たまにポエマーと化す

最近の音楽(2019年3月〜6月)

まあ半分ぐらいはヒトリエを聴きまくっていたのだけど。それでもApple Musicのお陰で結構聴いたものが溜まってきたので、備忘録がてら残しておく。

 

ハスキーガール

ハスキーガール

 
ヤンキーガール

ヤンキーガール

 

ネクライトーキーがどれだけ人気になっても!私はコンテンポラリーな生活を!!!推し続ける!!!

「地獄の沙汰も金次第」や「どうにかしてくれ!」に顕著に表れてるような、現状を打破したい〜売れたい〜無理ならもうやめたい〜でも音楽の力を信じたい〜〜みたいな心情を吐露する歌詞がすごく好きなのだけど、ネクライがヒットした今はこういう歌詞は書かなくなるんだろうか。さみしいな。

かと言ってネクライを否定したいわけではなく、それこそヒットしたいって思い続けてきた朝日さんにとってはいまの状況ってきっと幸せなんだろうなと思うので、これからもマイペースにささやかに活動を続けてくれたら嬉しいなあと一ファンとしては願っている。

あと、歌詞によく出てくるシンラインって何だろうと思ったら朝日さんの使ってるギターなのね!楽器のことはからっきしなのだけどコンポラのギターの音はかなり好きな部類に入るので、他にもシンラインなるものを使ってる人を探してみようかな。

 

Veil

Veil

 

King Gnu常田さん(奇妙な動きをしない方のボーカル)の新プロジェクトの処女作。普段こういうジャンルの音楽は聴かないのでとても新鮮というか、悪く言えばとっつきにくかった。ヌーのライブで常田さんを見たときに「この人はギタリストというより表現者で、その一手段としてギターを使っているに過ぎないのだろうな」という印象を持ったのだけど、やっぱりこういう音楽もやりたいんだろうなあ。ついつい「バンド」を贔屓してしまうので、すこし寂しい気持ちになってしまう。あとおそらく音の作り込みは凄いのだと思いますが、私のクソイヤホンではあまり凄さがわかりませんでした。聴くときは良いイヤホンをご用意ください。

 

平凡【TYPE-B(初回限定盤)】CD+DVD

平凡【TYPE-B(初回限定盤)】CD+DVD

 
オーディション【通常盤】

オーディション【通常盤】

 

 

最近ちょっとしたブームが到来しておりよく聴いているのがドレスコーズ。森道市場に行くにあたってバンドの新規開拓をしたくて、何となく名前だけ知っていたドレスコーズを聴いてみたら、あらやだ良いじゃないの!あとバンドだと思い込んでたけど今は1人なのね。

アルバムは結構な枚数が出ていて、しかもそれぞれ全然系統が違ってすごい。多分めちゃくちゃいろんなところからいろんな要素を取り入れて、常に自分の音楽をアップデートさせていくタイプの人っぽい。昔の名盤や洋楽に疎いので何の影響を受けてるか殆どわからなかったのだけど、昔の音源はちょっとイエモンっぽかった。

アルバムの中では特に「平凡」が好きです。音楽的にはおそらくファンク?志磨氏の不思議な世界観とよく合っている、気がする。ファンクってあんまり聴かないんだけど、多分音的には好きなジャンルなので他にも聴いてみたい。これで全然ジャンル違ってたらめっちゃ恥ずかしいな。

 

告解

告解

  • アーティスト: 羊の群れは笑わない。
  • 出版社/メーカー: 羊の群れは笑わない。
  • 発売日: 2018/10/01
  • メディア: MP3 ダウンロード
  • この商品を含むブログを見る
 

元ボカロP、こんにちは谷田さんことキタニタツヤ氏のバンド。米津さんがもうなんか凄いところまで行ってしまったこと、朝日さんがコンポラの活動にあまり前向きじゃない?っぽいこと、wowakaさんがいなくなってしまったことから、強烈な「男性ボーカルのボカロPバンドロス」に襲われた末たどり着いた。

スリーピースでオルタナティブって完全に私の好みど真ん中やん!と思って聴いたのだけど何故かしっくり来なかった。バンドのはずなのに全然バンド感がないというか、、、作り物っぽいというか、、、

この違和感は何なんだろうと思いながらウィキペディア見てたら、「学生時代は陽キャだった」って書いてあった。こ、これかーーーー!?!!?!?(陽キャアレルギー)

 

海の幽霊

海の幽霊

 

正直、いろいろ考えてしまってまだあまり聴けていない。米津さん歌うまくなった?

 

三毒史(通常盤)

三毒史(通常盤)

 

バクチクあっちゃんとのコラボをMステで見て心を射抜かれた。椎名林檎の曲がめっちゃ好き!というわけではないのだけど、男性ボーカルを招いて2人で歌ってるシリーズが大好きなんですよね。どの曲もコラボ相手の個性が出てて、かつ椎名林檎らしさも存分に発揮されていてとても良い。このアルバムにはコラボ楽曲が多数入っており非常に私得です。誰かカラオケで一緒に歌いましょう。